Amazonリテールプログラムの概要と広告活用事例を解説します

ブログ

皆さんは、Amazonのリテールプログラムをいくつご存知でしょうか?

Amazonのリテールプログラムとは、快適なオンラインショッピングを実現させるためにAmazonが提供しているオンラインサービスになりまして、最も有名なものといえば私たちが普段利用しているAmazonのリテールサイトでしょう。

ところが、Amazonは普通のリテールサイトだけでなく、Amazonフレッシュ、Amazonパントリー、Prime Now、Amazonビジネスといった様々なオンラインソリューションも提供しています。

本記事では、上記のAmazonリテールプログラムについてそれぞれ詳細を解説するとともに、それぞれのプログラムにおける広告戦略について解説していこうと思います。

 

では、見ていきましょう!

 

Amazonフレッシュ

Amazon フレッシュ(地域限定)とは、生鮮食品や日用品、雑貨などの普段使いの商品に関して、日常的な買い物やお届け日時の予約ができる便利なサービスです。

日本の公式サイトはこちらになります。

 

生鮮品や専門店グルメから日用品までをまとめて注文して、最短当日中に商品をまとめて届けてくれます。

ただし、Amazonフレッシュを利用するにはAmazonのプライム会員である必要があり、別途フレッシュの会費がかかります。

フレッシュの各商品には「カートに入れる」ボタンが表示されており、スーパーマーケットのようにカゴに商品を入れて買い物をします。

いわば、スーパーマーケットでの体験をオンラインで体験できるようにしたサービスと言えるでしょう。少ないクリック回数でシンプルに買い物ができるようになっています。

過去に購入した商品については簡単に再購入できるため、顧客ロイヤリティの強化につなげることができます。

 

Amazonフレッシュにおける広告活用法としては、買い物中の Amazon フレッシュの会員にリーチして、Amazon フレッシュで出品している対象ブランドの商品をカスタマーに宣伝することができます。

米国で実際に掲載されている広告例で言えば、例えば下記のタコスの広告があります。

 

 

「夕食にタコスはいかがですか??」と、買い物中のAmazonフレッシュ会員に夕食のオススメとしてタコスをオススメする広告を出している形になります。

 

上記のように広告クリエイティブを活用して料理に必要な商品購入を促したり、複数の商品を組み合わせて購入するよう勧めたりすることができるということですね。

カスタマージャーニーの中で言えば、購入やロイヤリティ段階のカスタマーにアプローチするのに適していると言えます。

 

Amazonパントリー

Amazon パントリーは、よく売れている多数の商品の中から毎日の必需品を使いやすい単位で購入でき、買い物が便利になるサービスです。

公式サイトはこちらになります。

Amazon パントリーで出品されている商品の例としては、炭酸飲料やシリアル、缶詰、紙製やティッシュなどの日用雑貨があります。

ティッシュやマスクなど、インターネットではケース販売されることが多い商品を少量から購入可能なのが大きなメリットです。

 

低価格の商品を1個から買え、さらに1箱にまとめて受け取れます。

 

というAmazon公式の文言通り、複数の商品を注文したとしても一箱にまとまって配送されるので受け取りも空き箱の処分も簡単ですし、日時指定も可能ということでかなり使い勝手の良いサービスとなります。

 

Amazonパントリーにおいては、何度もアクセスしてパントリー Boxに商品を追加しているユーザーに広告を提示することができます。

下記のような広告ですね。

 

 

Amazon パントリーのユーザーがショッピングをしているときに広告を出稿することで商品の露出度を高め、商品を見つけてもらいやすくするということです。

Amazon パントリーに出品しているブランドの担当者の場合はスポンサーシップを利用できますので、カスタマージャーニーの中で言えば、ブランド/商品の認知と検討の段階に対応する戦略を構築することができます。

 

Amazonビジネス

Amazon ビジネスとは、簡単に言えばAmazonの法人向けサービスになります。

Amazon のユーザーにはおなじみの品揃えと便利さ、メリットに加え、法人向けの新機能やメリットを兼ね備えたAmazon のマーケットプレイスです。

法人専用の品揃えと価格で数百万におよぶ商品が提供されており、英国、米国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、日本およびインドで利用されています。

法人向けならでは迅速かつ信頼性の高い配送、複数のユーザーでの共通のビジネスアカウントの使用、承認ワークフロー、複数のお支払い方法、税控除、専用のカスタマーサポートなどのメリットもあります。

 

Amazonビジネスの広告においては、さまざまな広告タイプを使用してブランド/商品の認知および検討段階に対応する戦略を策定できます。

例えば、下記は米国においてAmazonビジネス内で掲載されている広告でして、ヒーローバナーと呼ばれています。

 

 

上記のようなヒーローバナーを活用することで、事業主や事業用の購入を検討しているカスタマーにリーチすることができます。

現状はまだ未定ですが、きめ細かくビジネスオーディエンスにリーチできるように広告設計が可能になる予定とのことです。

 

Prime Now

Prime Now(地域限定)とはAmazon から最短で商品が届くサービスで、専用配送員が最短2時間で商品を届けてくれます。

公式ページはこちらですね。

プライム会員限定で生活必需品や日用品、Amazon の売れ筋商品を購入できるサービスです。

ちょっとした買い足しが必要な場合などに Prime Now が使われています。

 

Prime Nowの広告においては、短時間での配送を希望しており、かつ購入意欲があり、ロイヤリティの高い有望なオーディエンスにリーチすることができます。

サービス対象エリアの都心部に住む若い共働き世代やミレニアル世代などにリーチするためにはうってつけと言えるでしょうね。

アプリ内、オンライン、オフラインのプレミアムな広告掲載枠で広告を掲載することができます。

 

まとめ

以上!Amazonフレッシュ、Amazonパントリー、Prime Now、Amazonビジネスの詳細と、広告活用法について解説してきました。

まだまだ米国での実施が主ですが、日本でも活用できるサービスは数多くあります。

これを機に、是非とも4つのリテールプログラムについて勉強してみてはいかがでしょうか?

 

なお、弊社ではAmazonの広告運用ノウハウを活用し、お客様のビジネス目的とAmazon Advertising広告(旧 AMS )の特性に合わせた広告配信を代行しております。

 

工数を削減しつつ、かつ売上を最大化させるために、Amazon広告の運用代行・コンサル・分析などは是非とも弊社にお任せください。

弊社ではAmazon広告が代理店に開放される2018年以前から運用を実施しており、弊社への運用の切り替えでROASが2倍になったケースや、CPAが1/2程度に抑えられたクライアント様もいらっしゃいます。

運用のお手伝いを全力でさせていただきますので、Amazon Advertisingに関する広告運用・ご相談・お問い合わせは是非ともこちらまでお気軽にご連絡をお願いいたします!