Amazon広告を代理店に運用代行してもらう場合のメリットとデメリット

ブログ

こんにちは!TAMKOにてAmazon広告運用を担当しております三須です。

今やEC販売に欠かせない存在となったAmazon広告ですが、Amazonの広告運用を始めようと思った時に

「自社で運用をするべきなのか?」

「代理店に運用を任せるべきなのか?」

迷っている方も多く見受けられます。

 

自社で運用をするのか、代理店に運用を任せるのかどうかを決定するにあたって、代理店に運用をしてもらう場合のメリットとデメリットはなんなのか??を理解しておくことは非常に重要です。

ということで今回は、Amazon広告を「代理店に運用代行してもらう」場合のメリットとデメリットについて、実際に代理店にてAmazon広告運用を担当している私が具体的に解説したいと思います。

 

多くのお客様のAmazon広告運用に関する悩みを聞く過程で、自社運用のメリットデメリット、そして代理店運用のメリットデメリットをこれでもかというくらい実感してきました。

本記事では、私が実際にお客様とお話をして感じたことを踏まえつつ、代理店運用のメリットとデメリットについてAmazon広告の運用者視点で書いていきたいと思います。

 

Amazon広告運用を代理店に依頼するか自社で運用をするかを迷われている方は是非ともご参考にしていただければ幸いです!

 

「そもそもAmazon広告ってなに??」「Amazon広告にはどんな種類の広告があるの?」という方は、事前に下記記事を読んでいただければ幸いです。Amazon広告の概要がわかります。

Amazonのリスティング広告とは?Amazon内で広告を出稿できるAmazonスポンサー広告について解説!

 

※また、Amazon広告を自社運用する場合のメリットデメリットについては、下記記事を読んでいただければ幸いです。

Amazon広告において自社運用をする場合のメリットとデメリットを解説します

 

目次
Amazon広告における代理店運用のメリット
Amazon広告における代理店運用のデメリット
まとめ

Amazon広告における代理店運用のメリット

まずは、Amazon広告における代理店運用のメリットについて解説していきたいと思います。

簡潔にまとめますと、下記が代理店運用のメリットになります。

 

*代理店運用の4つのメリット

1.キャンペーン作成や広告の管理等を全て代行してもらえるので、担当者の負担が減る。
2.Amazonアルゴリズムに則った正しい運用をしてもらえるため、運用の成果が出る可能性が高い
3.Amazon広告に関する最新情報をすぐに入手できる
4.マーケティング戦略について困った時にすぐに相談することができる

 

以下、上記のメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

キャンペーン作成や広告の管理等を全て代行してもらえるので、担当者の負担が減る

Amazon広告における代理店運用のメリット1点目は、キャンペーン作成や広告の管理等を全て代行してもらえるので、担当者の負担が減るということです。

もしAmazon広告運用を全て自社で対応するとすれば、アカウント開設から広告設定、日々の運用、管理等を全て自社の社員が対応しなければなりません。

自分で実際にやってみるとわかりますが、これはかなりの重労働ですし、かなりの社内工数が必要となります。

 

一方で、代理店にいくばしかの手数料を支払って広告設定から広告運用までを全て代行してもらえば、手数料を負担する代わりに社内工数を浮かせることができます。

手数料の金額は代理店によってまちまちですが、大体は運用広告費の20%を目安にすると良いでしょう。

自社にAmazon広告に精通している社員がいれば良いのですが、そうでない場合はAmazon広告のプロに広告運用を丸投げして、自社の負担を減らすというのはかなりのメリットになるでしょう。

例えば弊社では、CPC管理シートと予算管理シートを作成し、スプレッドシートでお客様と共有しております。毎日のCPC管理や広告費予算管理などは自社で対応しようとするとかなりの工数がかかってしまいますが、代理店に依頼することで工数を抑えることができます。

これが1点目のメリットです。

 

Amazonアルゴリズムに則った正しい運用をしてもらえるため、運用の成果が出る可能性が高い

2点目のメリットは、Amazonアルゴリズムに則った正しい運用をしてもらえるため、運用の成果が出る可能性が高いということです。

1点目のメリットとして広告運用を丸投げすることで社内工数を減らすことができるという点を挙げましたが、丸投げして楽になったとしても成果が出なければ意味がありません。

その点で言えば、Amazon広告に精通している広告代理店は言わばAmazon広告のプロなわけですから、広告運用の成果が出る可能性が高いです。

逆に言えば、Amazon広告に精通していない代理店に運用を依頼してしまうと成果の出る可能性が低いということです。(こちらはデメリットの部分で詳述します。)

 

自社で運用をする場合、Amazon広告に精通している社員がいない限り、Amazonアルゴリズムに則った効率的な運用ができるとは限りません。

私がこれまで関わってきた多くのお客様も、

「自社での運用方法が合っているのか間違っているのかわからない…」

という悩みを抱えておられました。

そして実際に、そういったお客様の広告管理画面を確認させていただくと、無駄なキーワードで広告費を垂れ流していたり、効率的な運用ができていなかったりするのです。

 

Amazon広告運用についての正しい知識、ノウハウがない限り、運用で成果を出すことは困難です。

従って、Amazon広告に精通している代理店に運用を依頼して、しっかりと成果を出してもらえるというのは代理店運用の大きなメリットと言えるでしょう。

 

Amazon広告に関する最新情報をすぐに入手できる

3点目のメリットは、Amazon広告に関する最新情報をすぐに入手できるということです。

自社で運用をしている場合、社内にAmazon広告に精通している社員がいない限り、Amazon広告に関する最新のアップデート情報を継続的に入手するというのは困難です。

 

一方で、代理店に広告運用を依頼している場合、代理店の担当者と定期的に連絡を取り合うことで、Amazon広告に関する最新情報を継続的に入手することができます。

例えば弊社であれば、サイバーマンデーが実施される際には「サイバーマンデー時はCPCが平時よりも上昇する。」といった情報や最新事例を広告主様に提供しておりました。

 

もちろん、代理店の担当者がAmazon広告に精通していなかったり、そもそもやる気がなかったりする場合は論外ですのでそこは代理店の良し悪しを見極める必要はあります。

(代理店の見極め方につきましては、こちらの記事(Amazon広告代理店の選び方の基準。選定する際の5つのチェックポイントを解説!)に詳細を書いておりますのでご参考ください。)

 

Amazon広告に関する最新情報を継続的に入手するという意味でも、代理店に運用を依頼して担当者をつけてもらうというのは大きなメリットがあると言えるでしょう。

 

マーケティング戦略について困った時にすぐに相談することができる

4点目のメリットは、マーケティング戦略について困った時にすぐに相談することができるということです。

もちろん、Amazon広告戦略について困ったことや試してみたいことがあれば担当者に相談すればすぐに対応してくれるでしょう。

そして多くの代理店では、恐らくはAmazon広告運用のみを事業として取り扱っているわけではないと思います。

Facebook、YouTube、TikTokなどの媒体を活用したマーケティングも多くの代理店で取り扱っているでしょうし、その他別事業も多く取り扱っていることだろうと思います。

自社商品を売ろうと思った時に、Amazon広告を出稿することだけがマーケティングの選択肢ではありません。

自社でコンテンツマーケティングを実施しても良いし、YouTube広告を出稿したって良いのです。

ですので、もしAmazon広告で結果が出なかった場合、別のマーケティング戦略についてその代理店にすぐに相談できるというのは大きなメリットです。

その意味で言えば、依頼する代理店がAmazon広告以外のマーケティングに関する知見が深いかどうかも代理店選択のポイントの1つとなるでしょう。

弊社では、AmazonのみならずInstagram、Facebook運用やTikTok運用においても強みを持っておりますので、その点でお役に立てると考えております。

 

Amazon広告の代理店運用におけるデメリット

次に、Amazon広告運用における代理店運用のデメリットを見ていきましょう。

簡潔にまとめますと、下記が代理店運用のデメリットになります。

 

*代理店運用の3つのデメリット

1.代理店に支払う手数料がかかる
2.代理店に手数料を支払って運用を代行してもらったとしても、必ずしも運用の成果が出るとは限らない
3.自社に運用ノウハウが蓄積されない

 

以下、上記のデメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

代理店に支払う手数料がかかる

代理店に運用を依頼する場合の1つ目のデメリットとしては、代理店に支払う手数料が発生するという費用の面です。

当たり前ですが、自社でAmazon広告を運用することができれば運用にかかるコストは0になります。

一方で代理店に運用を依頼する場合は、いくばしかの運用手数料を代理店に支払う必要がありますのでコストがかかります。

 

とはいえ、代理店に広告運用を依頼をしない場合は広告の配信設定、キャンペーン作成、予算管理等を全て社員が担当しなければなりません。作業量も膨大ですから担当者の負担も大きく増すことになりますし、社内でAmazon広告運用の専門チームを設立しなければならないかもしれません。

(事実、Marketing Landのこちらの記事によると、米国ではAmazon広告を運用している企業の約40%がAmazon広告の専門チームを設立しているとのことです。)

代理店に依頼をすれば広告の配信設定、キャンペーン作成、毎日の予算管理、運用等を全て代行してくれるわけですから、代行手数料を支払う代わりにその分の社内工数が浮くということになります。

ですので、社内工数と、代理店に支払う代行手数料、そして自社で運用した場合と代理店に運用してもらった場合の運用成績の違いを勘案して代理店に運用代行を依頼するかどうかを決めるべきということになります。

 

代理店に手数料を支払って運用を代行してもらったとしても、必ずしも運用の成果が出るとは限らない

2点目のデメリットはこちらです。

いくばしかの運用手数料を支払い、Amazon広告運用のプロを名乗る代理店に運用を依頼してもらったとしても、必ずしも運用の成果が出るとは限りません。

理由としては色々ありますが、結果が出ない主な要因としては下記の要因が挙げられるでしょう。

 

1.そもそも自社商品の認知度が低い
2.Amazonに広告を出稿するという、広告出稿のプラットフォーム選定自体がそもそも間違っている
3.キャンペーン構成も含め、Amazon広告運用の方法がそもそも間違っている

 

Amazon広告は下記画像のBOFU(Bottom Of Funnel)に位置する「刈り取り型広告」の1つですし、そもそもAmazon内での検索順位を上げるために活用するという意見もあります。

 

 

ですので、1.自社商品の認知度が低かったり、2.Amazonに広告を出稿すること自体が間違っていたりした場合は、代理店の運用担当者がどんなに運用を頑張ってくれたとしても運用の効果が出るとは限りません。

従って、代理店に運用を依頼する際は、

 

「そもそもウチの商品はAmazonに広告を出稿してそのまま買ってもらえるほど認知度が高く、良い商品なのか??」

「そもそもウチの商品広告をAmazonというプラットフォームに出稿すること自体、適切なマーケティング戦略なのか??」

 

ということを事前に考える必要があります。

 

突き詰めて考えれば、結局のところ代理店選定が最も重要なポイントとなってくるでしょう。

 

 

上記のツイートによくまとまっているのですが、

 

「Amazon広告だけで結果出せます!!」

 

と短絡的に主張してくるような代理店には運用を依頼しない方が良いでしょう。

Amazon広告のみならずあらゆるマーケティング手段を検討し、その上でAmazon広告が適切なマーケティング戦略だと論理的に説明してくれる代理店に運用を依頼すべきです。

 

そして、Amazon広告を出稿することが仮に自社にとって適切なマーケティング戦略だったとしても、それでも運用の成果が出ないことはあります。

それはキャンペーン構成のせいかもしれませんし、運用のせいかもしれませんし、時代のせいかもしれません。そればっかりは正解がないので運用の成果が出るか出ないかは誰にもわかりません。

代理店に運用を依頼するとは、あくまで結果が出る確率が高まるという話ですので、そこを事前に理解しておく必要があるわけです。

 

しかし、依頼する代理店を適切に選定し、適切な運用を実施すれば、結果が出る確率は飛躍的に高まるというのは事実です。

そのためにも、代理店の良し悪しを見極めるというのが第一条件として必要になってくることでしょう。

 

(※Amazon広告代理店の良し悪しの見極め方につきましては、こちらの記事(Amazon広告代理店の選び方の基準。選定する際の5つのチェックポイントを解説!)に詳細を書いておりますのでご参考ください。)

 

自社に運用ノウハウが蓄積されない

3点目はこちら。

代理店に運用をしてもらっている場合、自社に運用ノウハウが蓄積されにくいです。

当たり前ですが、代理店に広告運用を丸投げするということは自社で広告運用をしないということですから、自社商品の広告運用ノウハウは代理店に蓄積されていきます。

そうなると、自社商品をAmazonで販売する方法やノウハウを代理店に掌握されることとなり、場合によっては代理店がいなければ商売が成り立たなくなってしまう…なんてことも考えられます。

担当者が定期的に代理店と連絡を取って運用ノウハウについて教えてもらったりデータを共有してもらったりしていれば良いのですが、そうではない場合は自社に運用ノウハウが蓄積されていくとは考えにくいです。

 

従って、代理店に運用を丸投げした場合、自社に運用ノウハウが蓄積されず、いつまも代理店に手数料を支払わなければならなくなるというのは大きなデメリットと言えます。

 

まとめ

以上!Amazon広告運用における代理店運用のメリットデメリットについて見てきました。

 

「自社で運用をするべきなのか?」

「代理店に運用を任せるべきなのか?」

 

というのは広告運用において迷うところではあると思いますが、上記のメリットとデメリットを踏まえつつ、代理店に運用を依頼するか自社で運用をするのかを決定していただければと思います。

 

そして、Amazon広告代理店の良し悪しの見極め方につきましては、こちらの記事(Amazon広告代理店の選び方の基準。選定する際の5つのチェックポイントを解説!)に詳細を書いておりますのでこちらもご参考いただければと思います。

 

ただし、

 

「普段の業務で手一杯だし、そもそもAmazon広告がなんなのかすらわからない…」

 

と思われる方も多いと思います。

 

そんな場合は、

 

「そもそも、Amazonで広告配信をすべきなのか??」

「どうすればAmazon広告で自社商品を販売することができるのか??」

 

という点まで、ゼロベースで構いませんので是非とも弊社にご相談ください。

 

弊社ではAmazonの広告運用ノウハウを活用し、お客様のビジネス目的とAmazon Advertising広告(旧 AMS )の特性に合わせた広告配信を代行しております。

Amazon広告が代理店に開放される2018年以前から運用を実施しており、弊社への運用の切り替えでROASが2倍になったクライアント様や、CPAが1/2程度に抑えられたクライアント様もいらっしゃいます。

運用のお手伝いを全力でさせていただきますので、Amazon Advertisingに関する広告運用・ご相談・お問い合わせは是非ともこちらまでお気軽にご連絡をお願いいたします!

 

また、こちらのTwitterアカウントにてAmazon広告運用に関する情報発信も日々行なっておりますので、こちらもよければフォローをお願いします!

ブログよりもTwitterの方が即効性の高い情報を発信しております。是非ともよろしくお願いします!