Amazon商品ディスプレイ広告とは?初心者にもわかりやすく解説

スポンサーディスプレイ広告

現在、圧倒的スピードで成長を続けるAmazon広告(Amazon Advertising(※旧 Amazon Marketing Service ( AMS )。

スポンサープロダクト広告や商品ディスプレイ広告等、どのメニューも高い費用対効果が期待出来る優れたメニューですが、今回は売上は勿論の事、ブランド・商品認知を向上させる「商品ディスプレイ広告」についてご紹介します。

来たるサイバーマンデーや年末商戦に向けて、必見です。

 

Amazon Advertising(※旧 Amazon Marketing Service ( AMS )における商品ディスプレイ広告とは?

Amazon商品ディスプレイ広告とは、1クリック課金性(CPC)の、商品あるいは興味・関心ベースでターゲティングを行う事が出来る広告です。

 

なぜAmazon商品ディスプレイ広告を用いるのか?

Amazon商品ディスプレイ広告は、特定の商品を閲覧したユーザーや、特定の興味・関心を持つユーザーに対してターゲティングする事が可能です。その為、貴社商品を特定の商品を閲覧、カテゴリに興味を持つ購入意欲の高いユーザーに貴社商品の情報を配信する事が出来ます。

 

どの部分に表示されるのか?

Amazon商品ディスプレイ広告は、商品詳細ページをメインに、検索結果の左側、カスタマーレビューページ等に表示される可能性があります。表示された広告をユーザーがクリックすると、設定された商品の詳細ページに移動します。

 

キャンペーンの設定方法

それでは実際に、広告管理画面の「キャンペーンを作成する」ボタンをクリックし、実際にキャンペーンを設定して、Amazon商品ディスプレイ広告の出稿・配信・運用を行いましょう。

2018年9月現在は下記項目を入力する必要があります。

 

・キャンペーン名

・開始日 / 終了日
※広告が配信される期間を指します。

・1日の予算
※1日に消化する広告予算の上限値を指します。

・入札単価

・広告プロダクト

・ターゲティング

 

(1)商品によるターゲティング

Amazon商品ディスプレイ広告は、特定の商品、カテゴリーを閲覧したユーザーに対して広告出稿が可能です。Amazon上で販売されている競合他社の商品を選択する事も可能です。

また、ターゲティングした商品と合わせて購入されている商品等の関連性の高い商品を含めて配信も出来ます。この機能を使って範囲を広げて配信する事で、貴社商品を購入する可能性の高いユーザーに配信を行います。

 

(2)関連カテゴリによるターゲティング

Amazon商品ディスプレイ広告は、販売する商品に関連したカテゴリ商品ページにて、広告を配信する事が可能です。

 

【興味/関心 大カテゴリ例】

食品/飲料/お酒

腕時計

楽器

服&ファッション小物

文房具/オフィス用品

家電&カメラ

ホーム&キッチン

ホビー

ヘルス&ビューティー

スポーツ&アウトドア

シューズ&バッグ

etc…

 

【興味/関心 小カテゴリ例 / ヘルス&ビューティー】

スキンケア

パーソナルケア

ヘアケア/スタイリング

メイクアップ/ネイル

健康衣類/アクセサリー

日用品

衛生用品

ビューティー(コスメ/化粧品)

ヘルス&ビューティー ドラッグストア

栄養補助食品

男性化粧品

 

※出稿を行う際は、最初から(1)(2)どちらかに絞るのでは無く、両方の同時併用を推奨します。

Amazon Advertisingの広告運用・ご相談・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ!