Amazon商品ディスプレイ広告のキャンペーン最適化方法について

スポンサーディスプレイ広告

本記事では、Amazon商品ディスプレイ広告のレポートの情報を活用しながら、どのようにキャンペーンを最適化していくかについてお話しします。

 

露出数を上げたい場合

例えば露出数を上げたい場合でしたら、各ターゲティング方法に対する対応策は下記のようになります。

 

商品ターゲティングの場合

ターゲット商品を10〜30商品ほど追加し、自社商品と一緒に購入されている商品など、関連性の高い商品と含めてリーチを拡大します。

 

関連カテゴリーターゲティングの場合

関連カテゴリーを複数追加します。

※増やしすぎると費用対効果が悪くなります。

 

興味、関心ターゲティングの場合

ターゲティングする興味、関心リストを増やします。

※こちらも増やしすぎると費用対効果が悪くなります。

なお、全てのターゲティング方法に共通する対応策として、予算の引き上げも検討の余地に入るでしょう。

 

クリックスルー率を上げたい場合

クリックスルー率を上げたい場合についても、各ターゲティング別に解説していきます。

 

商品ターゲティング

宣伝商品と関連性の高いターゲット商品に絞ることで、クリック率の向上が見込めます。

 

関連カテゴリーターゲティング

宣伝商品と関連性の高い関連カテゴリーに絞ることで、クリック率の向上が見込めます。

 

興味、関心ターゲティング

宣伝商品と関連性の高い興味、関心リストに絞ることで、クリック率の向上が見込めます。

また、全てのターゲティング方法に共通する対応策として、ロゴ画像や見出し文を変えて別キャンペーンを作り、併用をすることでA・Bテストを行うことができ、より効果の見込めるキャンペーンを作り出すことが可能になります。

A・Bテストは他にも、費用対効果の高いセグメントを知りたい場合などに有効です。

 

費用対効果の高いセグメントを知りたい場合

例えば関連カテゴリーターゲティングを行なっていると仮定し、ターゲットにしているカテゴリーは、「カバー」「液晶保護フィルム」だったとします。売上がキャンペーンを通して30万円あったとした際、どちらのカテゴリーがより売上に貢献したでしょうか?

その際は、2つのターゲティングしていたカテゴリーを、2つのキャンペーンに分割します。

例えば今回の例なら、

 

・「カバー」→キャンペーン①(関連カテゴリー:カバー)

・「液晶保護フィルム→キャンペーン②(関連カテゴリー:液晶保護フィルム)

 

と分割します。

そして、それぞれをそれぞれのキャンペーンとして運用することで、どちらの関連カテゴリーがより売上に貢献するのかや、より多くの露出を見込めるのかを見つけ出すことができます。

この考え方は、関連カテゴリーターゲティングだけでなく、商品カテゴリーターゲティングにも応用することができます。

ターゲット商品として競合商品と自社商品を選択していた際、競合商品のみをターゲット商品として使用し、1キャンペーンに。もう一つを自社商品のみの1キャンペーンとして運用することで、露出の違い、クリック数の違い、売上の違いがどのように現れるかをテストすることができます。

このようなターゲットの置き方は様々ありまして、他にもキャンペーンの費用対効果を上げる方法としては、

①入札額を下げる

②ターゲティング対象を絞る

③興味関心から商品ターゲティングへの変更

などがありますので、自分の宣伝したい商品に応じて考えてみましょう。

 

まとめ

Amazon商品ディスプレイ広告のキャンペーン最適化方法と費用対効果の高いセグメントを知りたい場合にどうすればいいかについて見てきました。

「Amazon商品ディスプレイ広告」を中心としたAmazon Advertising広告を使用する事により、新商品を既存の商品よりも優先的に表示させる事が可能となります。広告活用から新商品ページへのアクセスを増やし、実際に購入数を上げていけば、新着ランキングに掲載される事も夢ではありません。

勿論、今まで説明した概念は、既存の販売中の商品にも該当します。上記の改善を行い、日々の運用PDCAを回していき、商品ページへのアクセス数・売上げ増加を目指しましょう。

弊社ではAmazonの広告運用ノウハウを活用し、お客様のビジネス目的とAmazon Advertising広告(旧 AMS )の特性に合わせた広告配信を代行しております。

Amazon Advertising 広告運用・ストア作成・ご相談・お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください。