Amazon商品ディスプレイ広告の関連カテゴリーターゲティングのカテゴリーの選び方と配信効率(ROAS)を上げる運用方法

スポンサーディスプレイ広告

本日は、Amazon商品ディスプレイ広告の関連カテゴリーターゲティングのカテゴリーの選び方と配信効率を上げる方法についてお伝えしたいと思います。

Amazon広告を用いてROASを向上させるには様々な方法がありますが、本日は商品ディスプレイ広告の関連カテゴリーターゲティングに絞ってカテゴリーの選び方と配信効率(ROAS)を上げる方法について解説していきたいと思います。

 

ただし、これが全ての企業様に当てはまるというわけではありませんので、あくまで一例と思っていただければ幸いです。

では、下記、書いていきたいと思います。

 

※商品ディスプレイ広告についてご存知でない方は、下記記事をご覧ください。

関連記事:商品ディスプレイ広告とは何か?初心者にもわかりやすく解説する

 

商品ディスプレイ広告のターゲティング方法

まずは、商品ディスプレイ広告のターゲティング方法について今一度確認しておきます。

商品ディスプレイ広告には大きく分けて3つのターゲティング方法があります。

 

・商品ターゲティング(「商品ターゲティング」+「関連カテゴリーターゲティング」)

・興味、関心ターゲティング

 

の2種類です。商品ターゲティングにはさらに「商品ターゲティング」と「関連カテゴリーターゲティング」の2種類に分けられます。すなわち、細かく分類すると3種類のターゲティング方法があるということになります。

商品ディスプレイ広告でROASを向上、改善させるためには、これらのターゲティング方法を商品によってうまく使い分けていくことが必要になります。

 

本記事では、上記3種類のうち商品ターゲティングの関連カテゴリーターゲティングについて詳しく見ていきます。

まず、Amazon商品ディスプレイ広告の関連カテゴリーターゲティングのキャンペーン設定方法の基本を見ていきましょう。

 

Amazon商品ディスプレイ広告の関連カテゴリーターゲティングのキャンペーン設定方法

まずは商品ディスプレイ広告のキャンペーン作成画面を開いて、「商品によるターゲティング」を選択しましょう。

 

商品によるターゲティングを選んだら、自分の宣伝したい商品を選択します。

 

 

そして次に、「関連カテゴリーによるターゲティング」を選択します。

今回の下記画像の例であれば「カメラ」の広告を配信しようと思っているので、「カメラ」に関係するカテゴリーを選択します。

 

 

カテゴリーの選び方

さて、ここで

「どのカテゴリーを選べばいいの??」

という疑問が思い浮かぶと思うのですが、初めての段階ではまずは広告配信しようと思っている商品に関連しそうなカテゴリーをフィーリングでも良いのでなるべく多く選択しておいてください。

例えば上記の例でいうなら、「デジタルカメラ」の広告を配信しようと思っているなら「デジタルカメラ」カテゴリーなどを選択しておけば良いということです。

ニッチな商品であれば1カテゴリーのこともあるでしょうし、幅広いジャンルを扱う商品であればカテゴリーが複数にまたがることもあるでしょう。

取り急ぎ、関連性のありそうなカテゴリーをなるべく多めに選択しておいてください。これがあとあと効いてきます。

 

1週間ほど広告を配信させ、カテゴリー別の配信状況を確認する

1週間ほど時間をかけて広告を走らせてみたら、広告キャンペーンレポートからカテゴリー別の配信状況を確認してみましょう。

 

 

上記画像のように、カテゴリー別でクリック数やCTRなどの配信状況を確認することができます。

 

そして、ここで見るべき場所は「広告費」「売上」、そして「売上高広告費比率」です。

広告費の割に売上が上がっていなければ、それは配信効率の悪いカテゴリーですので予算を減らしたり、ステータスを「有効」から「停止」にするなどの対処をしましょう。

一方で広告費の割に売上が伸びているカテゴリーもあると思いますので、そういったカテゴリーには予算を多めに配分することで配信効率を高めましょう。

 

まとめると、カテゴリーターゲティングのキャンペーンに関してはカテゴリーを見直し、成果の出ているカテゴリーのみに絞るのが配信効率を上げるための施策ということです。

 

例えば私がかつて担当したお客様では、カテゴリー別の結果を見てみると「SIMカード」というカテゴリーでの結果が芳しくありませんでした。

従って「SIMカード」のカテゴリーを停止し、「スマートフォン本体」などの結果が出ているカテゴリーのみで配信を再開させたところ、配信効率が上がり、全体のROASも改善しました。

売上効率の悪いカテゴリーを排除し、売上効率の良いカテゴリーのみを残すことでROASを改善させることが可能になるのです。

 

まとめ

以上!「Amazon商品ディスプレイ広告の関連カテゴリーターゲティングのカテゴリーの選び方と配信効率(ROAS)を上げる方法」について見てきました。

Amazon広告には他にも様々な配信手法があり、そのそれぞれにノウハウがございます。

 

本ブログでは配信方法別に、「効果の出るキャンペーン作成方法」、「キーワード選定方法」、「運用方法」などを実践経験をもとに解説していきたいと思います。

 

また、上記のような運用を自社で実践しようと思うと非常に工数がかかります。

 

弊社ではAmazonの広告運用ノウハウを活用し、お客様のビジネス目的とAmazon Advertising広告(旧 AMS )の特性に合わせた広告配信を代行しております。

Amazon Advertisingに関する広告運用・ご相談・お問い合わせはこちらまでお気軽にお願いいたします。