予測WinRateとは?Amazonスポンサーブランド広告の新機能を解説

スポンサーブランド広告

Amazonスポンサーブランド広告にはいくつかのキーワードに対して、予測WinRateという指標があります。本日は予測WinRateについて解説していきたいと思います。

 

予測WinRateとは?

予測WinRateとは、今後予測される露出数(imp)数の割合を表します。

この指標は該当のヘッドライン検索広告キャンペーンにおいて設定されたキーワード毎に、他のキャンペーンで設定されたキーワードとのオークションの結果、算出されます。

例えば、予測WinRateが25%〜50%となっているものは、過去のデータをもとに考えると今後25%〜50%の割合で露出数(imp)のシェアが取れる可能性を予測していることとなります。

予測WinRateはキーワードの入札額や過去の他社の入札額に基づいて計算され、毎日更新されます。

入札額、競合の状況、広告枠の数、広告とキーワードとの関連性など、多くの要素により将来のWinRateは過去の実績とは異なるものになる場合があります。

「誘導レベル」はキーワードに関連するカスタマー検索の数量を表します。

 

予測WinRateの機能

予測WinRateの機能には選択機能があり、スライダーを

 

・0から25%

・25から50%

・50%から75%

・75%から90%

・90%以上

 

とスライドさせると、それぞれのWinRateに対する適切な入札額が自動で表示されます。

予測WinRateの数値は毎日変更されるため、変更時に90%だった予測WinRateが明日には低くなっているということも考えられます。そのため、定期的に各キーワードの入札額のチェックを行う必要があります。

また、入札額を指定して入力することで、どれくらいのWinRateが予測されるかも表示されます。予測WinRateの変動要素は、キーワード、マッチタイプ、入札額、宣伝商品とキーワードとの関連性が考慮されます。

 

まとめ

以上、Amazonスポンサーブランド広告の新機能、予測WinRateについて解説してきました。

Amazon Advertising広告を使用する事により新商品ページへのアクセスを増やし、実際に購入数を上げていけば、新着ランキングに掲載される事も夢ではありません。

弊社ではAmazonの広告運用ノウハウを活用し、お客様のビジネス目的とAmazon Advertising広告(旧 AMS )の特性に合わせた広告配信を代行しております。

Amazon Advertising 広告運用・ストア作成・ご相談・お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください。