Amazonスポンサーブランド広告のキーワードの選び方と配信効率(ROAS)を上げる運用方法

スポンサーブランド広告

本日は、Amazonスポンサーブランド広告(旧ヘッドライン検索広告)のキーワードの選び方と配信効率(ROAS)を上げる方法についてお伝えしたいと思います。

Amazon広告を用いてROASを向上させるには様々な方法がありますが、本日はスポンサーブランド広告に絞ってキーワードの選び方と配信効率(ROAS)を上げる方法について解説していきたいと思います。

 

ただし、これが全ての企業様に当てはまるというわけではありませんので、あくまで一例と思っていただければ幸いです。

では、下記、書いていきたいと思います。

 

※スポンサーブランド広告についてご存知でない方は、下記記事をご覧ください。

関連記事:Amazonスポンサーブランド広告(旧 Amazonヘッドライン広告)の基礎設定

 

そもそもスポンサーブランド広告とは?

まず、そもそもスポンサーブランド広告とはなんなのか?ちょっとおさらいしておきましょう。

Amazonスポンサーブランド広告 (旧 ヘッドライン検索広告 )とは、ユーザーが貴社商材に関する関連キーワードをAmazon内で検索した際、検索結果の上部に貴社アイコン・貴社3商品を表示させる事ができる広告です。

※下記画像のようなイメージです。

 

 

商材に対して、能動的に「検索」した購買意欲の高いユーザーに広告を表示させる事ができるため、非常にコストパフォーマンスの高いメニューとして、近年注目を浴びています。

また、Amazonスポンサープロダクト広告とAmazonスポンサーブランド広告 (旧 ヘッドライン検索広告 )の違いとして、前者は一つの商品をレコメンドするのに対し、後者は複数商品のレコメンドができ、なおかつ貴社の商材が記載されたAmazonブランドストアや、Amazonブランドページに遷移させる事ができます。

特定商品への購入誘導は勿論のこと、貴社商品の認知・興味関心フェーズを育てるのに適したメニューである事は間違いありません。

 

そして、広告を配信する際にキーワードを選ぶことができます。

 

スポンサーブランド広告のキャンペーン設定における効果の出るキーワードの選び方

さて、スポンサーブランド広告で広告を配信しようと思ったら、キャンペーン設定の際に下記画像のようにたくさんあるキーワードの中から効果の出そうなキーワードを選ぶ必要があります。

 

 

黒枠で隠されているところが、弊社の担当するクライアント様の出稿商品に関連する推奨キーワードです。

推奨キーワードは商品にもよりますが、効果が出るであろうキーワード群をAmazon側が推奨してくれています。

また、Amazonの推奨キーワードとは別に、「キーワードを入力する」というタブでは、自分でキーワードを入力することができます。

 

ここで重要なのは、初めて出稿する商品の場合はとにかく多くキーワードを追加してみてください。

正直なところ、どのキーワードで効果が出るかは配信してみるまではわかりませんので、最初のうちはなるべく多くのキーワードを設定するのがコツです。

ただ、中には絶対に効果が出ないであろうキーワードも推奨キーワードに含まれておりますので、そういったものは省いていただいて結構です。出稿商品の特性に合わせて効果が出るであろうキーワードをなるべく多く、まずはフィーリングで入力していってください。

広告を配信してからの分析作業が運用担当者の腕の見せ所です。初めてのキャンペーン設定時点ではフィーリングで、運用が始まったら数値を見ながら論理的にキーワード運用をしていきましょう。

 

※ちなみに、「部分一致」「フレーズ一致」など基本的なキャンペーン設定の基礎知識等については下記記事をご覧ください。

関連記事:Amazonスポンサーブランド広告(旧 Amazonヘッドライン広告)の基礎設定

 

広告配信してしばらく経過したら、キーワードごとの売上高広告費比率を見ましょう

さて、広告を配信して1週間や2週間ほど経過したら、各キーワード別の配信結果が出てくる頃だと思います。

キャンペーン管理画面から、キーワード別の売上高広告費比率をチェックしてみましょう。

 

 

上記画像では、赤枠で囲ってある箇所は売上高広告費比率が11.76%となっております。

これは広告費の割に売上が出ていない状態ですので、こういった配信効率の悪いキーワードを見つけたら、キーワード入札額を下げるか配信停止をするなどしましょう。

売上高広告費比率は数字が高いほど配信効率が悪いです。何%から配信効率が悪いかという点については商品の特性によって異なるため具体的な数字は申し上げられませんが、上記画像のクライアント様では、売上高広告費比率が10%を越えれば配信効率が悪いと判断しております。

現に、上記画像の下側の方の数値を見てみると、売上高広告費比率が1%台のキーワードもございます。こうしたキーワードは売れるキーワードですので、キーワード入札額を高くするなどして配信効率を高めましょう。

 

このようにして、配信効率の良いキーワードに広告費をぶち込み、配信効率の悪いキーワードを削除、あるいは入札額を下げることで、どんどんと配信効率(ROAS)を高めていくことができます。

 

現に、弊社の担当するお客様では、5000%以上のROASを恒常的に達成できている企業様もいらっしゃいます。

 

一つ一つのキーワードを逐一分析し、入札額設定や配信設定を毎日変更する作業は大変ですが、そうした地道な作業の積み重ねによってROASを改善させていくことができます。

 

まとめ

以上!「Amazonスポンサーブランド広告のキーワードの選び方と配信効率(ROAS)を上げる運用方法」について見てきました。

Amazon広告には他にも様々な配信手法があり、そのそれぞれにノウハウがございます。

 

本ブログでは配信方法別に、「効果の出るキャンペーン作成方法」、「キーワード選定方法」、「運用方法」などを実践経験をもとに解説していきたいと思います。

 

また、上記のような運用を自社で実践しようと思うと非常に工数がかかります。

 

弊社ではAmazonの広告運用ノウハウを活用し、お客様のビジネス目的とAmazon Advertising広告(旧 AMS )の特性に合わせた広告配信を代行しております。

Amazon Advertisingに関する広告運用・ご相談・お問い合わせはこちらまでお気軽にお願いいたします。