Amazonスポンサーブランド広告のABテストでより効果が見込める広告を作る方法

スポンサーブランド広告

本記事では、Amazonスポンサーブランド広告のABテストのやり方について解説していきたいと思います。

キャンペーン設定方法などさらに詳しいスポンサーブランド広告の内容につきましては、下記記事をご覧いただければと思います。

関連:Amazonスポンサーブランド広告(旧 Amazonヘッドライン広告)の基礎設定
関連:Amazonスポンサーブランド広告のランディングページの設定と商品の選択方法について

目次
CTRを上げたい場合
閲覧数を上げたい/購入率を上げたい場合
推奨するABテストの変更箇所
広告見出し
カスタムランディングページ
掲載画像
ASIN
まとめ

CTRを上げたい場合

例えば、CTRを上げたい場合のABテストは下記のようなものがあります。

・見出しを変更
・ロゴ画像の変更
・3点の商品画像を変更

このように、違うキャンペーンを2つ同時に走らせることにより、システムが自動でパフォーマンスの良いキャンペーンを選ぶようになっていきます。

注意点としては、ABテストを実施する上では変更する要素を1つのみにするという点です。

全ての要素を変更してABテストを実施してしまうと、どの要素がパフォーマンスに影響を与えたかがわかりにくくなってしまうからです。

閲覧数を上げたい/購入率を上げたい場合

閲覧数を上げたい場合や、購入率を上げたい場合にもABテストを実施することは有用です。

例えば、ランディングページの商品の組み合わせを変更することで、より閲覧数を得られるランディングページはどちらかということがわかるようになります。

推奨するABテストの変更箇所

その他にも、推奨するABテストの変更箇所には下記のようなものがあります。

広告見出し

例えば、広告の見出し文において「説明的な見出し文」と「行動を促す見出し文」でどちらかがより効果が出るかを試すのも一つです。

カスタムランディングページ

カスタムランディングページの商品の点数を変えてABテストをして、効果がより出る最適な商品数を探し出すのもオススメです。

掲載画像

掲載画像についても、ロゴがいいのか、商品画像がいいのかもABテストでテストすることができます。

ASIN

ランディングページの商品の並び順や商品選択、商品の組み合わせもテストすることができます。

まとめ

以上、テストの目的に合った変更箇所を使いテストを実施することで、より良いパフォーマンスの出るキャンペーンを作ることができます。

Amazon Advertising広告を使用する事により新商品ページへのアクセスを増やし、実際に購入数を上げていけば、新着ランキングに掲載される事も夢ではありません。

弊社ではAmazonの広告運用ノウハウを活用し、お客様のビジネス目的とAmazon Advertising広告(旧 AMS )の特性に合わせた広告配信を代行しております。

 

Amazon Advertising 広告運用・ストア作成・ご相談・お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください。