Amazonスポンサーブランド広告を活用して売上を最大化させる方法を解説!

スポンサーブランド広告

こんにちは!TAMKOにてAmazon広告運用を担当している三須です。

Amazon広告について日々研究しておりまして、Amazon広告に関する情報を発信するTwitterアカウントも運用しております。(アカウントはこちらです。)

 

さて、早速ですが皆さんはAmazon広告運用においてスポンサーブランド広告を活用しておりますでしょうか?

 

スポンサーブランド広告をまだ活用したことがない…という方は、かなり勿体ないです。

 

スポンサープロダクト広告と合わせてスポンサーブランド広告もうまく活用することで、Amazonアカウント全体の売上最大化、さらにはACOS(売上高広告費比率)の低下にも繋げることができます。

 

ということで本日は、

 

・そもそもスポンサーブランド広告とはなんなのか?スポンサープロダクト広告とどう違うのか?

・どのような商材をスポンサーブランド広告経由で配信するべきなのか?

・スポンサーブランドの広告作成事例

 

等々について詳しく見ていきたいと思います。

Amazon広告を活用しているものの、イマイチ広告効果が頭打ちだ…とお悩みの運用担当者の皆さんは是非ともご覧ください!

 

目次
スポンサーブランド広告とは?スポンサープロダクト広告との違いは?
売上を最大化させるためにスポンサーブランド広告をどのように活用すべきなのか?
スポンサーブランド広告の広告作成例
まとめ

 

スポンサーブランド広告とは?スポンサープロダクト広告との違いは?

まずは、

 

①そもそもスポンサーブランド広告とはなんなのか?

②スポンサープロダクト広告とどう違うのか?

 

この2点について解説していきたいと思います。

 

スポンサーブランド広告とは?

まず1点目に、スポンサーブランド広告について解説いたします。

Amazonスポンサーブランド広告 (旧 ヘッドライン検索広告 )とは、、検索結果の上部(検索窓の直下)に商品アイコンを表示させる事ができる広告です。

表示される場所としては下記のようなイメージですね。Amazonの検索窓の直下、すなわち検索結果の上部に表示されるため、非常に目立つ広告になります。Googleのリスティング広告と似ているかもしれません。

 

 

商材に対して、能動的に「検索」した購買意欲の高いユーザーに広告を表示させる事が出来るため、非常にコストパフォーマンスの高いメニューとして近年注目を浴びています。

スポンサーブランド広告のキャンペーン設定方法など細かい内容につきましては、下記記事をご覧いただければと思います。

関連:Amazonスポンサーブランド広告(旧 Amazonヘッドライン広告)の基礎設定

 

スポンサープロダクト広告とスポンサーブランド広告の違いは?

スポンサープロダクト広告とスポンサーブランド広告の違いについてですが、大きな違いとしては広告が表示される場所に違いがあります。

スポンサープロダクト広告は下記のような場所に表示されます。

 

 

スポンサーブランド広告よりも下部に表示されるということですね。検索窓の直下ではなく、検索結果の商品群の1つとして広告が表示されるという点にスポンサーブランド広告との表示場所の違いがあります。

また、出品している商品名や画像がそのままクリエイティブとして使用されるのでわざわざクリエイティブを用意する必要がないのもスポンサーブランド広告との違いの1つです。

 

ターゲティングに関して違いを申し上げるならば、スポンサープロダクト広告はAmazon AIによる自動配信であるオートターゲティングを活用できますが、スポンサーブランド広告ではオートターゲティングを活用することができません。

すなわち、スポンサープロダクト広告は広告運用をある程度Amazonに自動で任せることができますが、スポンサーブランド広告では手動でキーワード設定やCPC調整などの広告運用をしなければならないということです。

 

以上を踏まえ、では、スポンサーブランド広告はどのように活用していけば良いのか??どのようにしてスポンサープロダクト広告と併用させ、売上をさらに伸ばしていくべきなのか??について解説していきたいと思います。

 

売上を最大化させるためにスポンサーブランド広告をどのように活用すべきなのか?

こちらの章では、スポンサーブランド広告活用法について具体的に見ていきたいと思います。

 

①スポンサーブランド広告で配信すべき商品

②スポンサーブランド広告運用法

 

の2点について解説していきます。

 

スポンサーブランド広告で配信すべき商品

スポンサーブランド広告で配信すべき商品は、既に売れている人気商品です。

上述した通り、スポンサーブランド広告は検索窓の直下に表示される目立つ広告です。従って、スポンサープロダクト広告よりもクリック率は高くなりがちです。

Amazon広告はクリック課金型広告になりますので、広告がクリックされやすいスポンサーブランド広告ではできるだけCVRが高く、利益率も高い人気商品を配信すべきです。

 

また、スポンサーブランド広告ではAIによる自動運用であるオートターゲティングを活用することができません。

従って、スポンサーブランド広告を活用する場合は手動で広告を運用しなければならないことを考えると、既にAmazon広告で販売実績があり、売れる配信キーワードやターゲット商品がわかっている既存商品あるいは人気商品を配信するのが望ましいのです。

 

以上をまとめると、スポンサーブランド広告では既に販売実績のある人気商品をさらに売り伸ばすという目的で配信を開始するのが良いということです。

事実、私はお客様の運用においても、スポンサープロダクト広告で既に販売実績のある人気商品をスポンサーブランド広告でさらに売り伸ばすことでアカウント全体の売上を底上げしてまいりました。

既に売れている商品をさらに売り伸ばす…こうした目的でスポンサーブランド広告を活用すれば、アカウント全体の売上をさらに伸ばすことが可能になります。

 

売上をさらに伸ばすためのスポンサーブランド広告運用法

では、具体的にスポンサーブランド広告に組み込む商品をどのように選定し、どのように運用をしていけば良いのでしょうか?

まずはスポンサーブランド広告に組み入れる商品ですが、これは過去の広告配信データから売上の大きい商品を選ぶと良いでしょう。

Amazon広告では広告商品レポートをダウンロードすることにより、過去の一定期間における商品の販売実績を分析することができます。こうしたレポート分析によって過去に配信成績の良かった商品を見つけ、それをスポンサーブランド広告でも配信してみるのが良いでしょう。

 

では、どのようにして過去の広告商品の結果を分析すれば良いのか?その具体的なレポート分析法については下記記事に詳しく書いておりますので下記をご覧ください。

Amazon広告のダウンロードレポートの見方と分析法を解説します。

 

さて、上記のようにスポンサーブランド広告で配信する商品を選んだら、お次はキーワード設定と広告運用です。

過去の配信データを活用し、スポンサーブランドで売れるキーワードを見つける方法とROASを高めるための広告運用法についても下記記事で詳しく解説しておりますので詳細は下記をご覧ください。

Amazonスポンサーブランド広告のキーワードの選び方と配信効率(ROAS)を上げる運用方法

 

スポンサーブランド広告の広告作成例

スポンサーブランド広告の特徴と活用法について具体的に見てきたところで、本章ではスポンサーブランド広告の広告作成事例を見てみましょう。

 

例えば、一眼レフカメラを商材としてスポンサーブランド広告を運用をすると想定してみましょう。

その際、宣伝商品と合わせて「見出し」(広告コピー)を作成する必要があります。この見出し1つでクリック率やCVRも変わってきますので、ターゲットとするユーザーのペルソナ像をしっかりと確認し、そのユーザーに刺さる見出しを考えることが重要になります。

例えば、「見出し」「使いやすさと軽さで旅行中の撮影にぴったり!」とするとします。

すると、宣伝商品に関連するキーワードとしては

 

旅行

撮影

撮影 旅行

一眼 軽い

一眼 使いやすい

 

 

などが挙げられると思いますが、スポンサーブランド広告としてこの見出しは適切でしょうか?ターゲットとなるお客様のセグメントやニーズにマッチした広告となっているでしょうか?

同じ商品を購入するお客様にもニーズは様々ありますので、色々な切り口から宣伝商品を考え、スポンサーブランド広告を作っていきましょう。

 

以下、スポンサーブランド広告の見出しの具体例をいくつか提示していきます。皆さんも具体例をいくつか踏まえつつ、ユーザーに合ったスポンサーブランド広告を作成してみましょう。

 

登山での撮影に適した、軽さと頑丈さを備えた一眼レフカメラ!

例えば、登山をする人向けに一眼レフカメラを宣伝するとしたらこのような見出しが考えられますね。

上記の見出しは、「登山、撮影、軽い、頑丈」といったキーワードを使った具体例となります。登山をしながら一眼レフカメラを使用したいユーザーのニーズは何か?と考えれば、のようなスポンサーブランド広告作成例が浮かび上がってきます。

 

一眼の使い方がわからない?初心者でも使いやすい一眼レフカメラ!

一眼レフカメラを今まで使ったことがないユーザーに対して一眼レフカメラを宣伝するとしたらこのような見出しが考えられますね。

「初心者」「使いやすい」…などといったキーワードが思い浮かぶのではないでしょうか。

 

野鳥撮影にオススメのカメラは?望遠にこだわるべき!

バードウォッチングを趣味にしているユーザーにターゲットを絞る場合は、このような切り口もアリなのではないかと思います。

バードウォッチングを趣味としている人はどんなカメラを欲しているのか?どんな見出しなら彼らに刺さるのだろうか?

それらを頭をひねって何度も考えることで、ユーザーに合った適切な見出しを考案することができます。

 

以上のように、同じ商品を広告配信をするにも、どのようなお客様をターゲットにするのかで、スポンサーブランド広告の見出しと広告内容は変わってきます。

セグメント別に広告を分けることで、広告運用の成果を最大化していきましょう。

 

このように、効果的なスポンサーブランド広告を作成するためには、正しい宣伝商品の選定、宣伝商品に関連する正しいキーワードの設定、ターゲットとするお客様像に合った正しい見出しの作成が必要になってきます。

これらすべての要素を一貫した設定にして、売上を最大化するためにスポンサーブランド広告を徹底的に活用していきましょう!

 

まとめ

以上、Amazonスポンサーブランド広告で売上を最大化させるための広告作成の具体例について見てきました。

Amazon広告を活用することにより人気商品ページへのアクセスを増やし、購入数を伸ばしていけば、アカウント全体の売上はさらに伸びていきます。

 

ただし、そうは言ってもなかなか時間がない….という方も多いのでは?と思います。

 

そんな方のために、弊社ではAmazonの広告運用ノウハウを活用し、お客様のビジネス目的とAmazon Advertising広告(旧 AMS )の特性に合わせた広告配信を代行しております。

 

工数を削減しつつ、かつ売上を最大化させるために、Amazon広告の運用代行・コンサル・分析などは是非とも弊社にお任せください。

 

弊社ではAmazon広告が代理店に開放される2018年以前から運用を実施しており、弊社への運用の切り替えでROASが2倍になったケースや、CPAが1/2程度に抑えられたクライアント様もいらっしゃいます。

運用のお手伝いを全力でさせていただきますので、Amazon Advertisingに関する広告運用・ご相談・お問い合わせは是非ともこちらまでお気軽にご連絡をお願いいたします!