Amazonスポンサーブランド広告の運用成果を最大化させるための広告作成の具体例

スポンサーブランド広告

まず初めに、スポンサーブランド広告について解説いたします。

Amazonスポンサーブランド広告 (旧 ヘッドライン検索広告 )とは、ユーザーが貴社商材に関する関連キーワードをAmazon内で検索した際、検索結果の上部に貴社アイコン・貴社3商品を表示させる事が出来る広告です。

商材に対して、能動的に「検索」した購買意欲の高いユーザーに広告を表示させる事が出来る為、非常にコストパフォーマンスの高いメニューとして、近年注目を浴びています。

キャンペーン設定方法などさらに詳しいスポンサーブランド広告の内容につきましては、下記記事をご覧いただければと思います。

 

関連:Amazonスポンサーブランド広告(旧 Amazonヘッドライン広告)の基礎設定

 

スポンサーブランド広告の広告作成例

さて、上記のようなスポンサーブランド広告の特徴を踏まえ、スポンサーブランド広告の作成例を見てみましょう。

例えば、一眼レフカメラの広告運用をすると想定してみましょう。

その際、宣伝商品と合わせて「見出し」を「使いやすさと軽さで旅行中の撮影にぴったり!」としたとします。

すると、宣伝商品に関連するキーワードとしては

 

旅行

撮影

撮影 旅行

一眼 軽い

一眼 使いやすい

 

 

などが挙げられると思いますが、スポンサーブランド広告としてはこれを一つだけ作成するだけで十分でしょうか?ターゲットとなるお客様のセグメントやニーズにマッチした広告となっているでしょうか?

同じ商品を購入するお客様にもニーズは様々ありますので、色々な切り口から宣伝商品を考え、スポンサーブランド広告を作っていきましょう。

 

様々な切り口から考えるスポンサーブランド広告の具体例

登山での撮影に適した、軽さと頑丈さを備えた一眼レフカメラ!

例えば、登山をする人向けに一眼レフカメラを宣伝するとしたらどうでしょうか?

上記の見出しは、「登山、撮影、軽い、頑丈」といったキーワードを使った具体例となります。登山をしながら一眼レフカメラを使用したいユーザーのニーズは何か?と考えれば、のような広告作成例が浮かび上がってきます。

 

一眼の使い方がわからない?初心者でも使いやすい一眼レフカメラ!

一眼レフカメラを今まで使ったことがないユーザーが一眼レフカメラを探すとしたらどうでしょう?「初心者」「使いやすい」…などといったワードが思い浮かぶのではないでしょうか。

 

野鳥撮影にオススメのカメラは?望遠にこだわるべき!

バードウォッチングを趣味にしているユーザーにターゲットを絞る場合は、このような切り口もアリなのではないかと思います。

以上のように、同じ商品を広告配信をするにも、どのようなお客様をターゲットにするのかで、スポンサーブランド広告の見出しと広告内容は変わってきます。

セグメント別に広告を分けることで、広告運用の成果を最大化していきましょう。

 

スポンサーブランド広告の作成ポイント

このように、効果的なスポンサーブランド広告を作成するためには、正しい宣伝商品の選定、宣伝商品に関連する正しいキーワードの設定、ターゲットとするお客様像に合った正しい見出しの作成が必要になってきます。

これらすべての要素を一貫した設定にする必要があるわけです。

 

まとめ

以上、Amazonスポンサーブランド広告の運用成果を最大化させるための広告作成の具体例について見てきました。

Amazon Advertising広告を使用する事により新商品ページへのアクセスを増やし、実際に購入数を上げていけば、新着ランキングに掲載される事も夢ではありません。

弊社ではAmazonの広告運用ノウハウを活用し、お客様のビジネス目的とAmazon Advertising広告(旧 AMS )の特性に合わせた広告配信を代行しております。

Amazon Advertising 広告運用・ストア作成・ご相談・お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください。