Amazonスポンサーブランド広告のランディングページの設定と商品の選択方法について

スポンサーブランド広告

Amazonスポンサーブランド広告 (旧 ヘッドライン検索広告 )とは、ユーザーが貴社商材に関する関連キーワードをAmazon内で検索した際、検索結果の上部に貴社アイコン・貴社3商品を表示させる事が出来る広告です。

Amazonスポンサーブランド広告 (旧 ヘッドライン検索広告 )に関する基礎事項は下記リンクをご覧ください。本記事では、Amazonスポンサーブランド広告におけるランディングページについて解説していきます。

関連:Amazonスポンサーブランド広告(旧 Amazonヘッドライン広告)の基礎設定

 

ランディングページの選択

まず始めにランディングページの選択について解説いたします。

Amazonスポンサーブランド広告をお客様がクリックした時に、どのページに飛ぶのかを選択できます。ランディングページには、大枠で以下のカスタムランディングページとブランドストア及び特設ページの2種類があり、目的別に使用することができます。

 

カスタムランディングページ

カスタムランディングページとは、選択した宣伝商品のみが掲載された商品一覧ページです。

広告をクリックした際、貴社の宣伝商品のみが羅列されるため、お客様は貴社商品をクリックしやすくなり、効率的に販売へと繋げることができます。

メリットとしては、ユーザーが欲しい商品が一覧になっているのでCVRが高くなる可能性があります。

 

ブランドストア及び特設ページ

Amazon内のブランドストアや特設ページを持っている方は、ブランドストア及び特設ページのリンクをランディングページとして設定することも可能です。

メリットとしては、リッチなコンテンツと共に情報発信できるため、ブランディングの一環として宣伝することができます。

 

ランディングページで宣伝する商品の選択

前提として、宣伝商品は3点以上選ぶ必要があります。

では、どのような商品をどのくらい追加するのが良いのでしょうか?

オススメする宣伝商品の選択基準としては、下記が挙げられます。

 

・カスタマーレビューの5つ星のうち3.5以上の商品を使うと効果的

・宣伝商品の数は5〜10商品が最適(最高でも15商品に留めておくようにしましょう)

・ヘッドライン検索広告の見出しや宣伝商品に最も適した商品をランディングページで使う

・たくさんの宣伝商品でランディングページを埋め尽くさない。

 

上記を意識してランディングページで宣伝する商品を選択すれば、より高い宣伝効果が見込めるでしょう。

多くの宣伝商品でランディングページを埋め尽くすと、宣伝したい商品へのフォーカスがずれてしまい、お客様が商品をクリックしにくくなってしまいます。

広告見出しに適した宣伝商品を、最適な数だけ選択することが重要です。

 

まとめ

以上、Amazonスポンサーブランド広告のランディングページの設定と商品の選択方法について見てきました。

Amazon Advertising広告を使用する事により新商品ページへのアクセスを増やし、実際に購入数を上げていけば、新着ランキングに掲載される事も夢ではありません。

弊社ではAmazonの広告運用ノウハウを活用し、お客様のビジネス目的とAmazon Advertising広告(旧 AMS )の特性に合わせた広告配信を代行しております。

Amazon Advertising 広告運用・ストア作成・ご相談・お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください。