Amazon Advertisingにおけるベンダーとセラーの違いについてわかりやすく解説

Amazon運用全般

Amazonで自社商品を販売するための販売方法には大きく分けて、「ベンダー」と「セラー」の2種類があります。

本記事では「ベンダー」と「セラー」の違いについて、わかりやすく解説したいと思います。

 

ベンダーセントラルとは?

ベンダーセントラルとは、Amazonに商品販売を一任することを言います。Amazonに商品を預けて、販売してもらうわけです。

 

ベンダーセントラルのメリット

ベンダーセントラルを利用するメリットとしては、Amazonに商品販売を一任するため販売プロセスを簡素化することができ、Amazon Advertising以外のマーケティンシステム(Amazon Vine=ユーザーに予約商品や新商品のサンプルを使ってもらい、カスタマーレビューを投稿してもらう招待制プログラム)を利用できるということが挙げられます。

Amazonに商品販売を一任したことにより1クリックあたりのコストが減少し、広告費用対効果で2倍以上になったという事例もあります。

また、商品購入ページにて「Amazonが販売」という表示がされるため、消費者の信頼感を得られるというのも一つのメリットです。

 

ベンダーセントラルのデメリット

一方デメリットとしては、Amazonに商品販売を一任するということはAmazonが価格を決定するということでもあります。したがって、最低価格はAmazonの気分によって変動します。そのため、想定よりも利益が少なくなってしまう場合もあります。

また、注文書作成の基準が厳しいため、適切な在庫管理を行うのが難しいというのも一つのデメリットでしょう。

そして、Amazonが商品を買い取ってくれないという場合も想定しておかなければなりません。そのため、Amazon側の都合により新製品を販売できないこともあるということを頭の片隅に入れておくべきでしょう。

 

どんな時に利用するのか?

最後に、ではベンダーセントラルはどんな時に利用すべきなのか?と言うと、商品のブランディング(AmazonVineなどのツールを利用することで、商品の認知度アップのチャンスが増えます。)のために利用すべきでしょう。

 

セラーセントラルとは?

セラーセントラルとは、Amazonのサイト(販売システム)を借りて、消費者に直接商品を販売することを言います。

 

セラーセントラルのメリット

セラーセントラルを利用するメリットとしては、自ら価格設定ができるため、需要のある時に価格や在庫を管理して売上をコントロールすることが可能になります。

また、詳細な販売分析を行うことができるので、製品の状況を細かく分析することが可能になります。

 

セラーセントラルのデメリット

デメリットとしては、ベンダーセントラルと違い、「Amazonが販売」という表示がされないため、消費者の信頼感を得にくいという点が挙げられます。(売上が増加しない可能性が高い)

例えば、仮に商品が届かなかったとしても、Amazonが保証するわけではないので消費者が購入に躊躇してしまう可能性が考えられます。(ベンダーセントラルではAmazonが商品の保証をいたします。)

また、月額で使用料が発生するのもデメリットと言えるでしょう。

 

どんな時に利用するのか?

最後に、ではセラーセントラルはどんな時に利用すべきなのか?と言うと、下記のような時が挙げられるでしょう。

・商品に需要があり、利益率を重視する商品を販売したい時(価格のコントロールが可能であるため)

・Amazonという大きい市場で商品を販売し、分析したい時(Amazonのアナリティクスを活用できるため)

 

まとめ

以上、セラーセントラルとベンダーセントラルの違いについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

それぞれに一長一短がございますので、貴社商品の特性とマーケティング戦略に合わせてうまく活用していただければと思います。

 

また、弊社ではAmazonの広告運用ノウハウを活用し、お客様のビジネス目的とAmazon Advertising広告(旧 AMS )の特性に合わせた広告配信を代行しております。

Amazon Advertisingに関する広告運用・ご相談・お問い合わせはこちらまでお気軽にお願いいたします。