AMSの利用者がAmazonストアページを活用するメリット

Amazon運用全般

「AMSを利用してみたは良いものの、売上が鈍化してきた…」

「Amazon以外の媒体からも新規顧客を獲得したい!」

 

このような悩みを持たれる企業担当者様も多いと思います。

 

そんな方にオススメなのが、Amazonストアページの活用です。

Amazonストアページをきちんと作成し、正しく運用を行えば、自社のブランディングになると同時に新規顧客も獲得することができます。

ということで本日は、Amazonストアページの活用方法と活用するメリットについてお話したいと思います。

Web担当者の皆さん!必見ですよ!

 

Amazonストアページを利用することで自社のブランディングになる

Amazonストアページを利用することのメリットの1つ目は、自社のブランディングができるという点です。

下記画像のように、Amazonストアページを活用すれば手軽に商品を紹介するLPを作成することができます。

 

※引用元 : https://m.media-amazon.com/images/G/09/AmazonStores/Amazon_Stores_User_Guide_JP.pdf

 

これまでは、商品紹介コンテンツ以外にテキストや画像要素を多用した紹介ページを作成する事はできませんでした。

また、商品紹介コンテンツはあくまで商品ページ内のみでしか活用出来なかったため、固定の商品の紹介は出来てもブランド全体の紹介を行う事は出来ませんでした。

しかし、Amazonストアページを活用することで、固定商品だけでなくブランド全体の宣伝を行うことができるのです。

 

ストアページを利用することで豊富なデータを取得することができる

Amazonストアページを利用するメリットの2つ目は、豊富なデータを取得できるということです。

レポート機能を通じてPV数や訪問者数などのデータを取得することができるので、こうしたデータからPDCAサイクルを回すことができます。

自社ECがない場合や、AMS経由での売上が鈍化してきた場合はストアページを使うことをオススメいたします。

なぜなら、Amazonストアページを活用すれば、Amazon以外の媒体から新規顧客を呼び込めるからです。

例えば、AmazonストアページをLPにしてGoogleやYahooなどの他の媒体で広告を出稿してもいいですし、様々な手法でAmazon以外の媒体からの新規顧客を呼び込むことができます。

「AMSを利用してみたは良いものの、売上が鈍化してきた…」「Amazon以外の媒体からも新規顧客を獲得したい!」

という悩みをお待ちの方は、是非ともAmazonストアページも活用して他媒体からの新規顧客の獲得を目論むことをオススメいたします。

 

Amazonストアの利用はすべて無料!作成も簡単!

と、ここまでお話しても、

「とはいえAmazonストアの利用にはお金がかかるんでしょ…?」

と思われる方も多いと思います。

ところがご安心ください。Amazonストアは条件さえ満たせば一切無料で利用することができます。

Amazonにとって自社ショッピングモールのブランド商品のページが充実することはメリット以外ありませんので、無料でどんどんページを充実させてくれるブランドは非常にありがたい存在というわけです。

さらに、Amazonストアページの作成はデザインテンプレートから選ぶだけです。

普通であればLPを作成するためにはHTMLやCSSなどのプログラミング知識が必要ですが、Amazonストアページではプログラミングの知識などは一切不要。

アイデアとセンスのみでLPを作成することができます。

Amazonストアページの詳しい作成方法は、下記リンクをご参照いただければと思います。

Amazonストアページの作成方法

 

まとめ

以上、AMSだけでなく、Amazonストアページも活用してみるメリットについて見てきました。

利用は無料、操作もワンタッチで簡単にできるので、既にAMSを利用されている方、または新たな動線を確保したいという方は是非ともご利用してみてはいかがでしょうか?

ただ、Amazonストアページを作成するだけでは、思ったようにページに集客する事が出来ません。その際は、Amazonスポンサーブランド広告を用いる事により、Amazonストアページに向けた動線を表示させる事が可能です。

弊社ではAmazonの広告運用ノウハウを活用し、お客様のビジネス目的とAmazon Advertising広告(旧 AMS )の特性に合わせた広告配信を代行しております。

もしAmazonストアの作成方法がわからない、集客の為のスポンサーブランド広告の使い方がわからない等の不安や悩みがございましたら、是非ともお気軽に弊社までご相談下さい。

お問い合わせ先は下記になりますので、ご興味ある方はお気軽にどうぞ

Amazon Advertising 広告運用・ストア作成・ご相談・お問い合わせはこちら