Amazonスポンサープロダクト広告を利用し、ROASの改善に成功した某家電メーカーの事例

Amazon運用全般

「上司から”ROASを改善しろ!”と圧力をかけられているものの、どうしたら良いかわからない…」

「最近、既存の媒体からの売上が頭打ちになっており、なんとかして打開策を見つけたい…」

 

こんなことでお悩みのご担当者様も多いと思います。

 

特に、家電メーカーのように特定の商品の売上を伸ばし、ROASを改善しなければならないという課題を抱えているお客様は多いです。

ということで本日は、Amazonスポンサープロダクト広告を導入したことにより、ROASが劇的に改善したという某家電メーカー様の具体例を見ていきたいと思います。

実際に弊社のお客様の事例を踏まえて解説していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ただし、これが全ての家電メーカーに当てはまるというわけではありませんので、あくまで一例と思っていただければ幸いです。

また、スポンサープロダクト広告についてご存知でない方は、下記記事をご覧ください。

関連記事:スポンサープロダクト広告とは何か?わかりやすく解説する

 

ROAS悪化に悩む某家電メーカー

弊社のお客様である家電メーカーのX社は、2017年ごろから広告経由の売上が伸び悩み、かつ広告費も増加傾向にあったためROASが悪化しておりました。

そこで、弊社はX社のAmazonスポンサープロダクトの広告運用を代行。3ヶ月間ROAS改善に取り組んだ結果、主要な指標は下記のように改善しました。

 

売上:¥2,000,000→¥4,500,000

広告費:¥500,000→¥350,000

ROAS:400%→1285%

 

結果は一目瞭然であると思います。

さて、弊社はなぜわずか3ヶ月間でここまでの改善をすることができたのでしょうか?

 

Amazonスポンサープロダクト広告を活用すれば、高いROASを出すことが可能

そもそもとして、Amazonスポンサープロダクト広告を活用すればROASは高くなる傾向にあります。

なぜなら、最低出稿金額が1クリックあたり2円と他媒体と比べて非常に安いため、広告費を抑えることができるからです。

また、売上に関して言うならば、Amazonはもともと何かしらの特定の商品を求めて検索をするユーザーが多い媒体です。

皆さんもAmazonで何か検索をするときは、特定の欲しい商品があって検索することが多いと思います。

Amazonスポンサープロダクト広告は特定の検索キーワードに連動して表示されるクリック課金型広告ですので、検索需要の多いキーワードを設定し、うまくユーザーの顕在需要にアプローチすることができれば、少ないクリック数でより多くのCVを叩き出すことが可能になるのです。

そんなわけですから、Amazonスポンサープロダクト広告を上手に活用すれば広告費を安く抑え、高い売上を出すことができるのです。

事実、弊社が運用代行を行なっているお客様の中では、ROASが2000%を超えることもあります。

中には、ROAS3000%をKPIとして設定される企業様もおります。

それくらい、Amazonスポンサープロダクト広告はROASが高く出やすい媒体なのです。

とはいえ、運用ノウハウがなければROASを改善することはできません

と、ここまで説明すると、

 

「なーんだ。それなら自分でAmazonスポンサープロダクト広告を運用してみれば勝手にROASは改善するんだな。」

 

と思われる方も多いと思います。

ところが、Amazonスポンサープロダクト広告は確かにROASが高くなりやすい広告ではあるものの、広告運用のノウハウが不足していると広告経由の売上は一定規模で伸び悩みます。

なぜか?それは、多くのご担当者様がキーワード設定を行わずに広告を運用する「オートターゲティング」のみを利用してスポンサープロダクト広告を運用しているからです。

「オートターゲティング」とは検索キーワードをAmazonが自動的に選択し、広告を表示する運用方法のことですが、運用ノウハウがなくても売上を作ることができる手軽さから多くの企業様が「オート」のみでAmazonスポンサープロダクト広告を運用されております。

ただし、「オート」はトラフィックデータに基づいてキーワードを入れ替えながら広告の効率を戦略的に高めていくようなきめ細かい運用を行うことができません。

したがって、広告経由の売り上げが一定規模まで増えると、売上が頭打ちになったり、ROASが悪化したりすることがあるのです。

ですので、ROASを最大限まで上げるためには、キーワードを広告主が戦略的に設定できる「マニュアルターゲティング」を活用することが絶対に必要になってきます。

 

Amazonスポンサープロダクト広告はマニュアルターゲティングで運用すべし

以上の理由から、ROASを改善させるためにスポンサープロダクト広告を活用するならば、しっかりとした運用ノウハウを持った人間が「マニュアルターゲティング」を利用して運用をする必要があります。

で、ここまでお話しすると、

「じゃあ、具体的にどのようにマニュアルターゲティングを活用すればいいの…?」

と思われる方も多いと思います。

ですが、残念ながらそのノウハウはここではお教えすることはできません。

弊社がどのようにしてマニュアルターゲティングを活用し、数々の企業様のROASを劇的に改善させることに成功しているのか?その具体的な手法を知りたい方は、是非とも下記お問い合わせ先までご連絡いただければと思います。

弊社ではAmazonの広告運用ノウハウを活用し、お客様のビジネス目的とAmazon Advertising広告(旧 AMS )の特性に合わせた広告配信を代行しております。

先ほどの事例にもありましたが、弊社では数多くの企業様のROASを劇的に改善させることに成功してきました。

長年の経験から、弊社には他社には絶対に真似できない広告運用ノウハウが蓄積されております。

Amazonに広告を出そうか検討されている方、代行を考えられている方、ROASの改善を上から命じられている企業ご担当者様、相談ベースでも構いませんので、是非とも下記リンクよりお気軽にお問い合わせください。

Amazon Advertisingに関する広告運用・ご相談・お問い合わせはこちら