Amazon広告において自社運用をする場合のメリットとデメリットを解説します

Amazon運用全般

こんにちは!TAMKOにてAmazon広告運用を担当しております三須です。

今やEC販売に欠かせない存在となったAmazon広告ですが、Amazonの広告運用を始めようと思った時に

「自社で運用をするべきなのか?」

「代理店に運用を任せるべきなのか?」

迷っている方も多く見受けられます。

 

自社で運用をするのか、代理店に運用を任せるのかどうかを決定するにあたって、自社運用をする場合のメリットとデメリットはなんなのか??を理解しておくことは非常に重要です。

ということで今回は、Amazon広告を「自社で運用」する場合のメリットとデメリットについて具体的に解説したいと思います。

 

多くのお客様のAmazon広告運用に関する悩みを聞く過程で、自社運用の良し悪しを私はこれでもかというくらい実感してきました。

本記事では、私が実際にお客様とお話をして感じたことを踏まえつつ、自社運用のメリットとデメリットについてAmazon広告の運用者視点で書いていきたいと思います。

 

Amazon広告運用を代理店に依頼するか自社で運用をするかを迷われている方は是非ともご参考にしていただければ幸いです!

 

「そもそもAmazon広告ってなに??」「Amazon広告にはどんな種類の広告があるの?」という方は、事前に下記記事を読んでいただければ幸いです。Amazon広告の概要がわかります。

Amazonのリスティング広告とは?Amazon内で広告を出稿できるAmazonスポンサー広告について解説!

 

※また、Amazon広告を代理店に運用代行してもらう場合のメリットデメリットについては、下記記事を読んでいただければ幸いです。

Amazon広告を代理店に運用代行してもらう場合のメリットとデメリット

 

目次
Amazon広告における自社運用のメリット
Amazon広告における自社運用のデメリット
まとめ

Amazon広告における自社運用のメリット

まずは、Amazon広告における自社運用のメリットについて解説していきたいと思います。

簡潔にまとめますと、下記が自社運用のメリットになります。

 

*自社運用の3つのメリット

1.社内で業務が完結するため運用代行費がかからない
2.社内と連携が取りやすく、自社商品の特徴を熟知した上での運用が可能である
3.社内にAmazon広告運用ノウハウが蓄積される

 

以下、上記のメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

社内で業務が完結するため運用代行費がかからない

Amazon広告における自社運用のメリット1点目は、社内で運用業務が全て完結するため運用代行費がかからないということです。

代理店に運用を委託すると、広告設定や日々の運用、管理等を代理店に委託する代わりに、一定の手数料を支払わなければなりません。

手数料の金額は代理店によってまちまちですが、大体は運用広告費の20%を目安にすると良いでしょう。

ですので、社内で広告の設定から運用までを全てまかなうことができれば、代理店に支払うはずの運用代行費用を節約することができます。

これが1点目のメリットです。

 

社内と連携が取りやすく、自社商品の特徴を熟知した上での運用が可能である

2点目のメリットは、社内と連携が取りやすく、自社商品の特徴を熟知した上での運用が可能であるということです。

社内で運用をまかなうことができれば、自社商品については社員が最も熟知しているはずですから、商品の特徴ごとにきめ細かな運用を実施することが可能になります。

もし代理店に運用を依頼していた場合、代理店は自社商品の特徴を100%理解しているわけではありませんから、商品の特徴を理解せずに運用をしてしまう場合があります。そうなってしまうと、自社の販売方針と代理店の運用方針に齟齬が生じてしまうケースがあります。

自社で運用をしていれば、自社の販売方針・商品ごとの特性を全て理解している社員が運用を行うわけですから、大きな齟齬が生じてしまう可能性は少ないでしょう。

 

また、社員が運用している場合は社内との連携もスムーズでしょうから、社内の意見を即座に反映したスピーディな運用を行うことが可能になります。

従って、2点目のメリットとしては、社内と連携が取りやすく、自社商品の特徴を熟知した上での運用が可能であるということです。

 

社内にAmazon広告運用ノウハウが蓄積される

3点目のメリットは、社内にAmazon広告運用ノウハウが蓄積されるということです。

代理店に運用を丸投げしている場合は、自社で運用をしないため社内に広告運用ノウハウが蓄積される可能性は低いでしょう。

一方で、自社で広告運用をまかなう場合は、日々の運用において試行錯誤を繰り返すことにより確実に自社商品に関する広告運用ノウハウが蓄積されていくはずです。

社内にAmazon広告運用ノウハウが蓄積されていれば、新商品を新たに販売する際もその知見を活かすことができますから大きなメリットと言えるでしょう。

 

Amazon広告運用における自社運用のデメリット

次に、Amazon広告運用における自社運用のデメリットを見ていきましょう。

簡潔にまとめますと、下記が自社運用のデメリットになります。

 

*自社運用の3つのデメリット

1.キャンペーン作成や広告の管理等を全て自前で賄わなければならないため、担当者の負担が増し、工数が増える
2.Amazon広告運用に関する最新情報、運用ノウハウを収集することが困難であり、Amazonアルゴリズムに則った正しい運用ができているとは限らない
3.運用において成果が出ない場合、解決策を見つけることが困難である

 

以下、上記のデメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

キャンペーン作成や広告の管理等を全て自前で賄わなければならないため、担当者の負担が増し、工数が増える

自社運用のメリットの項目にて、「社内で運用業務が全て完結するため運用代行費がかからない」と書きましたが、これは別の視点から考えてみれば、社内の負担が増し、工数が増えるということです。

代理店に広告運用を依頼をしない場合、広告の配信設定、キャンペーン作成、予算管理等を全て社員が担当しなければなりません。作業量も膨大ですから担当者の負担も大きく増すことになりますし、社内でAmazon広告運用の専門チームを設立しなければならないかもしれません。

(事実、最近ではAmazon広告運用のための専門チームを設立している企業様も多いようです。)

代理店に依頼をすれば広告の配信設定、キャンペーン作成、毎日の予算管理、運用等を全て代行してくれるわけですから、代行手数料を支払う代わりにその分の社内工数が浮くということになります。

ですので、社内の工数と、代理店に支払う代行手数料を勘案して、代理店に運用代行を依頼するかどうか決めるべきということになります。

 

Amazon広告運用に関する最新情報、運用ノウハウを収集することが困難であり、Amazonアルゴリズムに則った正しい運用ができているとは限らない

2点目のデメリットはこちらです。

社内で運用をする場合、Amazon広告運用に熟知している社員がいなければ広告運用で結果を出すことが非常に困難になります。

 

Amazon広告内における独自アルゴリズム、商品詳細ページの設定、キーワード選定、キャンペーン作成….

 

どれもこれも、Amazonの広告運用に熟知していなければ非常に難解な作業となるでしょう。

さらには、広告運用担当者同士の人脈が少なければ、Amazon広告運用に関する最新情報を得ることも困難です。

Amazon広告に詳しい社員が自社に存在しない場合、自前での広告運用で成功を収めることは非常に難しいという事実を理解しておくべきでしょう。

 

運用において成果が出ない場合、解決策を見つけることが困難である

3点目はこちら。

デメリット2点目にも通ずるところなのですが、自前で運用をしている場合、運用で成果を出すための解決策を見出すことが非常に困難です。

社内にAmazon広告のプロが存在すれば良いのですが、そうではない場合、広告の成果が頭打ちになってしまうか、そもそも広告の結果が出ないケースが多いです。

とくに、広告運用の方針が合っているか間違っているかすらわからないというのは致命的です。

弊社に運用を依頼する多くのお客様は、「今の運用方針が正しいのかどうかすらわからず不安だ」と仰っておられます。

Amazon広告運用のプロを抱える代理店となんらかの関わりがあれば、広告で成果が出ない場合でもプロが何かしらのアドバイスをしてくれるものです。相談できるプロがいないというのは、自社運用の最大のデメリットの1つと言えるかもしれません。

自社で運用を全てまかなうということは、解決策も新施策も全てを自分たちで企画し、自分たちで実行しなければならないということです。これは自社運用の大きなデメリットと言えるでしょう。

 

まとめ

以上!Amazon広告運用における自社運用のメリットデメリットについて見てきました。

 

「自社で運用をするべきなのか?」

「代理店に運用を任せるべきなのか?」

 

というのは広告運用において迷うところではあると思いますが、上記のメリットとデメリットを踏まえつつ、代理店に運用を依頼するか自社で運用をするのかを決定していただければと思います。

 

ただし、

 

「普段の業務で手一杯だし、そもそもAmazon広告がなんなのかすらわからない…」

 

と思われる方も多いと思います。

 

そんな場合は、

 

「そもそも、Amazonで広告配信をすべきなのか??」

「どうすればAmazon広告で自社商品を販売することができるのか??」

 

という点まで、ゼロベースで構いませんので是非とも弊社にご相談ください。

 

弊社ではAmazonの広告運用ノウハウを活用し、お客様のビジネス目的とAmazon Advertising広告(旧 AMS )の特性に合わせた広告配信を代行しております。

Amazon広告が代理店に開放される2018年以前から運用を実施しており、弊社への運用の切り替えでROASが2倍になったクライアント様や、CPAが1/2程度に抑えられたクライアント様もいらっしゃいます。

運用のお手伝いを全力でさせていただきますので、Amazon Advertisingに関する広告運用・ご相談・お問い合わせは是非ともこちらまでお気軽にご連絡をお願いいたします!

 

また、こちらのTwitterアカウントにてAmazon広告運用に関する情報発信も日々行なっておりますので、こちらもよければフォローをお願いします!

ブログよりもTwitterの方が即効性の高い情報を発信しております。是非ともよろしくお願いします!