AMS(現 Amazon Advertising)と3つの配信方法について

Amazon運用全般

現在、Amazonサイト内で広告を出稿できるサービスAMS (Amazonマーケティングサービス / 現 Amazon Advertising )が大きく成長し、脚光を浴びています。

今回はAMS (Amazonマーケティングサービス / 現 Amazon Advertising )の概要と3つの配信方法についてご紹介致します。サイバーマンデーや年末商戦に向けて、必見です。

 

AMS (Amazonマーケティングサービス / 現 Amazon Advertising )とは

AMS (Amazonマーケティングサービス / 現 Amazon Advertising )はAmazonのサイト内で自社商品へ誘導する広告を配信することができる運用型のオンライン広告です。Amazonの急成長や、高い費用対効果、Amazonが広告事業の取り組みを強化していることを受けて、今最も注目されている広告配信方法の一つです。

 

AMS ( 現 Amazon Advertising )の配信条件

AMS (Amazonマーケティングサービス / 現 Amazon Advertising )で商品の広告配信をするためには以下の条件を満たす必要があります。

・Amazonベンダーであること
・広告対象商品詳細ページのカートを取得していること
・商品における利益率が十分であると判断されること

広告配信をするためには、対象商品におけるカートを取得している必要があります。

カートを取得するためには、十分な在庫と注文数やカスタマーレビューなどのAmazonが重要視している要素を満たす必要があります。

・Amazonベンダーであること

AMSはAmazonと直に取引をしているベンダー向けの広告配信サービスです。ベンダーセントラル・ベンダーエクスプレス・e託販売サービスの利用者を対象にAMSを実施することが可能です。

・広告対象商品詳細ページのカートを取得していること

広告配信をするためには、対象商品におけるカートを取得している必要があります。
カートを取得するためには、十分な在庫と注文数やカスタマーレビューなどのAmazonが重要視している要素を満たす必要があります。

・商品における利益率が十分であると判断されること

広告を配信する商品の利益率が十分であると判断された商品に対して広告を配信することが可能です。

 

AMS (現 Amazon Advertising )の3つの配信方法

AMS (Amazonマーケティングサービス / 現 Amazon Advertising )には以下の3つの配信方法がありあす。

・スポンサープロダクト広告
・ヘッドライン検索広告(現 スポンサーブランド広告)
・商品ディスプレイ広告

それぞれの特徴と配信方法についてご紹介致します。

 

スポンサープロダクト広告

Amazonの検索結果に広告の商品が表示されます。
自動=オートターゲティングと手動=マニュアルターゲティングの2種類の配信方法があり、
オートターゲティングの場合はAmazon、予算・商品・入札単価・予算を設定するだけで簡単に配信することが可能です。

 

ヘッドライン検索広告(現 スポンサーブランド広告)

Amazonの検索結果の上部に任意の商品3つと、設定した広告文とともに広告が表示されます。
効果的な広告文を作成することで高い費用対効果が見込めます。

 

商品ディスプレイ広告

商品ディスプレイ広告では1つの選択した商品をAmazonサイト内の様々な掲載箇所に広告が表示されます。
商品ターゲティングでは大きく商品ターゲティングと興味・関心ターゲティングの2つのターゲティング方法があります。

商品ターゲティングでは、指定の商品やカテゴリ商品ページに広告を掲載することができます。
興味・関心ターゲティングでは、特定の商品やサービスに興味・関心を持っている人へ広告を配信することが可能です。

 

それぞれの配信方法をうまく活用することで、AMS (Amazonマーケティングサービス / 現 Amazon Advertising )で高い費用対効果をあげAmazonでの売上を上げていくことが可能です。

Amazon Advertising 広告運用・ご相談・お問い合わせはこちらになりますので、お気軽にお問い合わせください。