Amazon商品詳細ページへユーザーを集客するための効率的な方法

Amazon運用全般

Amazonでの商品の購入というのはそのほとんどが商品詳細ページから発生しています。

従って、Amazonで売上を立てようと思えば、商品詳細ページにユーザーを集客することが必要不可欠になります。

下記のようにツイートしている方もいらっしゃる通り、ROASを上げるためにも商品詳細ページへの集客は必要不可欠になります。

 

 

ユーザーが商品詳細ページを訪問すると、そのうちの何割かは商品を購入し、さらにその何割かがレビューを書いてくれます。すると、Amazonの各カテゴリーにおけるランキングの順位が上がるとともに、自然検索での順位も向上していきます。

こうしたサイクルを通じて商品詳細ページにユーザーをガンガン集客し、Amazon内のカテゴリーにおけるランキングを上昇させ、人が人を呼ぶ、売上が売上を呼ぶサイクルを作ることがAmazon広告での売上を効率的に伸ばす最適解な訳ですが、そもそも起点となる商品詳細ページへのアクセスをどのようにして集めればいいのでしょうか??

本記事では、 Amazon商品詳細ページへ集客するための方法についてお伝えしたいと思います。

 

商品詳細ページへの集客経路

商品詳細ページへの集客経路は、大きく分けて下記の4つあります。

 

Amazon検索

Amazon検索でキーワードを入力した際に表示される商品の検索結果ページからの流入になります。

 

自動露出

とある商品の商品詳細ページに遷移した際、Amazonアルゴリズムにより関連性の高い商品が自動で露出されますが、そこからの流入になります。

 

自社のメルマガやサイトからのリンク、アフィリエイト、他

自社のメルマガや自社のブログ経由からのリンクや、はたまたアフィリエイトや検索エンジン経由など、Amazon外からの流入経路になります。

 

タイムセール

Amazonで定期的に開催されるタイムセールに商品が露出されるため、そこからの流入経路になります。

 

商品詳細ページへの流入元は、Amazon検索と自動露出が大半である

上記のように商品詳細ページへの集客経路は様々あるのですが、「質の高い」アクセスを「数多く」集めなければ、売れるサイクルは回り始めません。

現実的には、自社のメルマガやサイトからのリンク、タイムセールでの露出だけでは難しいでしょう。

 

事実、 Amazon内の家電商品における商品詳細ページへの流入経路を比較すると、商品詳細ページへの流入元は自動露出と検索が大半というデータがあります。

 

 

従って、現実的には「Amazon検索」「自動露出」で集客するのが望ましいでしょう。

さらに言うならば、以上2つの流入元のうち、施策の実行が可能なのは検索からの流入になりますので、検索経路からの流入を増やすのが最善の策ということになります。

 

検索経路からの流入を増やすための方法

さて、検索経路からの流入を増やすためには大きく分けて下記の2つの方法があります。

 

・自然検索(ターゲットキーワードでの順位を上げ、検索経路からの流入を増やす)

・Amazon広告(広告の配信により、検索経路からの流入を増やす)

 

まず、自然検索からの流入を増やす方法についてですが、それに関しては下記記事にて詳しく解説しておりますのでそちらをご覧ください。

Amazonの検索順位が上がらないときに確認すべき4つのポイント

 

次に、Amazon広告で広告配信をすることにより流入を増やす方法についてですが、これこそが本ブログの肝となるAmazon広告運用になります。

本ブログでは、Amazonの広告運用で最大限の効果を発揮するためのノウハウを惜しみなく公開しております。

 

Amazon広告には他にも様々な配信手法があり、そのそれぞれにノウハウがございます。

 

本ブログでは配信方法別に、「効果の出るキャンペーン作成方法」、「キーワード選定方法」、「運用方法」などを実践経験をもとに解説していきたいと思います。

 

また、上記のような運用を自社で実践しようと思うと非常に工数がかかります。

 

弊社ではAmazonの広告運用ノウハウを活用し、お客様のビジネス目的とAmazon Advertising広告(旧 AMS )の特性に合わせた広告配信を代行しております。

Amazon Advertisingに関する広告運用・ご相談・お問い合わせがありましたら、是非ともこちらまでお気軽にご連絡をお願いいたします。