Amazon内に自社商品の広告を出稿するメリットとデメリット

Amazon運用全般

「Amazonで自社商品の広告を出してみたいけど、どんなメリットがあるのかわからない…」

「Amazonで自社商品の広告を出してみたいけど、デメリットってどんなことがあるの?」

 

こんなことでお悩みの方も多いのではないかと思います。

 

ということで本日は、Amazon内に自社商品の広告を出稿するメリットとデメリットについて解説してみたいと思います。

Amazonへの広告出稿をご検討中の方は是非ご参考ください。

 

そもそもAmazon広告とは?

まずはAmazon広告(Amazon Advertising)についてですが、Amazon広告とは、Amazonのサイト内で自社商品へ誘導する広告を配信することができる運用型のオンライン広告のことを言います。

Amazonの急成長や、高い費用対効果、Amazonが広告事業の取り組みを強化していることを受けて、今最も注目されている広告配信方法の一つです。

例えばGoogleやYahoo!のリスティング広告では検索結果画面に広告を表示させますよね?それと同様、Amazonにも商品検索機能があるのですが、要はその検索結果画面に広告を表示させる事ができるというわけです。

リスティング広告と同様の事がAmazon広告でもできるということです。

また、Amazon Advertisingには以下の3つの配信方法があります。

 

・スポンサープロダクト広告
・ヘッドライン検索広告(現 スポンサーブランド広告)
・商品ディスプレイ広告

 

Amazonに広告を掲載するメリット

商品を欲しているユーザーへアプローチができる

Amazonに広告を掲載するメリットの一番は、商品を欲しているターゲットにダイレクトにアプローチができる点と言えるでしょう。

例えばみなさんがAmazonで商品を購入するときの心理を考えていただきたいのですが、みなさんがAmazonを訪れる時は大抵は何か欲しいものが決まっており、商品を購入する前提で訪れていることがほとんどでしょう。

すなわち、Amazonに広告を出稿すれば、商品を欲しているユーザーにダイレクトにアプローチができるというわけです。

 

高い費用対効果

Amazon広告は他の広告媒体よりも費用対効果が高く、使用した広告費に対するパフォーマンスが高い傾向にあります。

安価な入札価格で開始でき、Amazonの購買データを使用したターゲティングでユーザーを自然に誘導することができ、高い費用対効果を実現できるというわけです。

また、キーワードターゲティングができるので売りたい時期に合わせて柔軟に広告配信することが可能であり、レポートを活用して広告効果を分析することもできるので、広告を最適化していくことでより高い効果を出していくことも可能になります。

 

商品が自然検索で売れるようになる可能性が高い

Amazonではよく売れる商品が上位表示されるというアルゴリズムがあります。

したがって、広告を出稿することにより自社商品がよく売れれば売れるほど、検索でも上位表示されるようになり、オーガニックの自然検索でも商品がよく売れるようになる可能性があります。

また、広告を出稿することにより商品の口コミやレビューも増えるでしょうから、そこからさらに購買が加速する可能性もあります。

 

Amazonに広告を出稿するデメリット

続いてAmazonに広告を掲載するデメリットについてです。

これはメリットと紙一重なのですが、Amazonを訪れるユーザーが商品を購入する前提で訪れているということは、一般ワードや悩みワードでの検索ボリュームが少なく、潜在的な需要を抱えているユーザーにアプローチしにくいということでもあります。

したがって、商品に需要があるかどうかわからない場合、まずはGoogleやYahooのリスティング広告でユーザーの反応を見てからAmazonに広告を出稿してみても良いでしょう。

 

まとめ

以上、Amazonに広告を出稿するメリットとデメリットについて見てきました。

GoogleやYahooのリスティング広告とうまく合わせ、Amazon Advertisingをうまく活用していくことで自社商品の売上をさらに上げていくことが可能になります。

また、弊社ではAmazonの広告運用ノウハウを活用し、お客様のビジネス目的とAmazon Advertising広告(旧 AMS )の特性に合わせた広告配信を代行しております。

Amazonに広告を出そうか検討されている方、代行を考えられている方、相談ベースでも構いませんので、是非とも下記リンクよりお気軽にお問い合わせください!

Amazon Advertising 広告運用・ご相談・お問い合わせはこちら