Amazon検索結果で上位に表示させるベストプラクティス

Amazon運用全般

オンライン通販市場において、近年において圧倒的なシェアを誇るAmazon。

このプラットフォームにおいて、貴社の商品を上位表示させ、認知ならびに購買に繋げる事は必須と言えます。また、クライアント様から「自然検索からの売り上げを増やしたい。」といったご意見も多数お聞きします。今回は、Amazonの検索結果において上位表示させる為に必要なテクニック・広告の掛け合わせ手法をお教えします。

目次
Amazonの検索結果で上位に表示させるための条件
上位に表示させる方法① : アクセス対策
上位に表示させる方法② : 広告活用

 

Amazonの検索結果で上位に表示させるための条件

改めておさらいすると、Amazonの検索結果で順位が変動する要因には、下記のような要因があります。

 

過去の販売実績
ページへのアクセス数
転換率(CVR) etc

 

これらを日々改善し、来たるサイバーマンデーや年末商戦に向けて、徐々に検索結果を上げていきましょう。

 

上位に表示させる方法① : アクセス対策

実際に貴社の商品を検索された際、適切にヒットする商品名や検索キーワードに設定されているかチェックしましょう。商品名は勿論のこと、商品ページの説明欄とヒットさせたいキーワードは必ず一致させる事が重要です。また、実際に商品のラベルの成分表に書かれている情報も記載する事で、よりユーザー目線に立ったページ作成を行う事が可能です。

上位に表示させる方法② : 広告活用

上記のアクセス対策を行われたにも関わらず、依然として検索結果が上位に上がらない……そんな経験をされた方もいらっしゃるかと思います。

要因としては、①競合他社の商品が常に上位に来ている事により、貴社商品の露出機会が無くなっている、②その結果、販売実績がつかず、どんどん負のスパイラルに陥っている事が考えられます。

改善方法として、Amazon Advertising広告(旧 AMS (Amazon Marketing Services))メニューを活用し、貴社商品を1ページ目に露出させる事が必要です。広告メニューを活用する事で、ユーザーへの認知・購入への導線を作る事が出来ます。

検索結果の上位に表示させる事が出来るメニューとして、スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告(旧 Amazonヘッドライン広告)が該当します。

 

もしAmazon広告の使い方がわからない……自社で運用・他代理店で運用しているけれども、思った様な効果が出ない場合、弊社に是非ご相談下さい。

随時、貴社のお悩みをヒアリングさせて頂き、ベストなAmazonアカウント設計・広告運用を行います。

Amazon Advertising 広告運用・ストア作成・ご相談・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ!