Amazon広告で入札額を上げたのに広告が表示されない場合の対処法

Amazon運用全般

「スポンサープロダクト広告でもスポンサーブランド広告でも、入札額を限界まで高めているのに広告が表示されない…」

というお悩みをお持ちの方もいらっしゃると思います。

確かに理論上は、広告出稿の入札額を限界まで高めておけば広告は表示されるはずです。

 

しかし、場合によってはいくら広告出稿の入札額を高めても、いつまで経ってもAmazon上に広告が表示されず、インプレッションが出ない場合があります。

(インプレッションが表示されない主な理由についてはこちらの記事に詳細を記載しておりますので、まずはこちらの記事をご参照いただければと思います。)

 

該当商品が「対象外」ではなく、入札金額が低すぎることもないのに、広告が表示されない…そんな状況に陥った時に本記事をご参考にしていただければと思います。

ということで以下、Amazon広告において広告が表示されない場合の対処法をお伝えいたします。

 

Amazon運用担当者の皆さんは是非ご覧ください!

 

入札オプションを「固定」にする

広告が表示されない時、まず初めに皆さんにやっていただきたいことは、入札オプションを「固定」にするということです。

入札オプションは、「キャンペーン設定」「キャンペーンの入札戦略」という項目で変更が可能です。下記画像になりますね。

 

 

例えば上記画像では、「動的な入札-アップとダウン」が選択されていますが、このままではいくら入札額を高めても、入札額が自動で低く設定されてしまう可能性があります、

ですので、広告をしっかりと表示させたい場合は自動で入札額が低く設定されてしまわないように、キャンペーン入札戦略を「固定額入札」に設定させておきましょう。

 

CVRを高める

上記施策でしっかり入札金額で入札されるようになったわけですが、それでも広告が表示されない場合は、そもそも商品詳細ページへのCVRが低いため、Amazon側のアルゴリズムで広告が表示されにくくなっている可能性があります。

わかりやすく言い直せば、Amazonのアルゴリズムに「この商品詳細ページはCVRが低いから広告を出してもしょうがない」と判断されている可能性があるということです。

 

入札金額を高め、固定額入札にしてもなお広告が表示されない場合は、そもそものCVRを高めるための施策を打つべきなのです。

CVRを高めるための施策には様々なものがありますが、抜本的な解決策はユーザーファーストの商品詳細ページを作成することです。

 

CVRを高めるために、商品詳細ページを作り込め!

CVRを高めるために、クリックしたお客さんが商品を購入したくなるように商品詳細ページを作り込みましょう。

それはタイトルに関連キーワードを入れておくべきとかSEOチックな話ではなく、正しい情報かどうかとか、わかりやすい画像が掲載されているか、など、ユーザーファーストのページを作ることが重要になってきます。

もちろん、確かに商品名に関連キーワード等が入力されているということは重要ですし、それはAmazon SEOにおいて初歩的なことになりますが、いくら商品名に関連キーワード等を入力したところでCVRが低くなってしまえばそれは本末転倒です。

CVRが下がってしまえば、それは商品詳細ページの評価が下がってしまうことに繋がりますので、タイトルにしろ商品説明にしろ、全てをCVRが高まるように作り込むべきであるということです。

 

Amazonのアルゴリズムについては詳しくはわかっておりませんが、実際に売れている商品個数、CVRなどのデータから商品詳細ページの質を判断している可能性が高いため、結論は小手先のSEOではなくユーザーのためになるページを作ることが重要であるということになります。

 

また、CVRを高めるためにはAmazonストアページを設定することもかなり効果的です。

Amazonストアページの活用法と分析法についてはこちらの記事に詳細を書いておりますので、気になる方はこちらもぜひご覧ください。

CVRを高めるための売れるストアページの作り方について、ワイヤーフレーム最適化についてはこちらの記事に詳しく書いてます。こちらもぜひご覧ください。

 

まとめ。では、商品詳細ページをどのように作り込めば良いのか?

とはいえ、ここまで読んでくださった皆さんは、

 

「とはいえ、じゃあ具体的にどのように商品詳細ページを作り込めばCVRが高くなり、ユーザーにとって見やすいページになるの…?」

 

という疑問が湧いてくると思います。

それは、企業ごと、お客様ごと、商品に異なるため、各商品ごとに、その表品に合った商品詳細ページを作成することが望ましいです。

 

しかしながら、毎日運用管理画面をチェックし、広告費を消化させるだけではなく、売上という結果も出さなければならないというプレッシャー下において商品詳細ページの改善にまで着手するのは時間的に難しい場合もあると思います。

そんな方のために、弊社ではAmazonの広告運用ノウハウを活用し、お客様のビジネス目的とAmazon Advertising広告(旧 AMS )の特性に合わせた広告配信、商品詳細ページ作成、改善等を代行しております。

ご興味ある方は、Amazon Advertisingに関する広告運用・ご相談・お問い合わせを是非ともこちらまでお気軽にお願いいたします。