Amazon Advertising広告(旧AMS)とは

Amazon Advertising広告(旧AMS(Amazonマーケティングサービス))は、Amazonのベンダー取引を対象としてAmazonサイト内に広告を掲載できる運用型広告のことです。

Amazon広告(旧AMS)を今、始める理由

安価な入札価格で開始できる上、Amazonの購買データを活用したターゲティングでユーザーを自然に誘導することで高い費用対効果を実現。売りたい商品や時期に合わせて柔軟に広告配信をすることが可能です。競合が少ない今がチャンスです。

Amazon広告の3つの配信方法

3つの広告配信方法で、効率的に見込み客を集客いたします。

スポンサープロダクト広告

キーワードでターゲティングした広告が検索結果ページに表示されます。売上の拡大を図ります。

スポンサーブランド広告

キーワードでターゲティングした広告が検索結果ページの上部に表示されます。
売上拡大やブランド認知の向上を図ります。

商品ディスプレイ広告

お客様の興味・関心、もしくは商品単位でのターゲティングで、商品詳細ページに広告を掲載します。ブランドや商品の認知を向上させます。

Amazon広告の特徴

高い費用対効果で、Amazonの売上最大化を図ります。

安価な費用から出稿可能

広告露出は無料。クリックされた時だけ課金1日最低予算100円、最低入札単価2円で出稿可能。

高い費用対効果

Amazon内に広告表示し、見込みの高い顧客へ効率良く商品詳細ページへの誘導が可能。

様々な軸での検証

広告レポートから、オフラインへの展開や商品ページの改善が可能です。

Amazon広告運用代行サービス内容

広告運用のノウハウを活用し、お客様のビジネス目的とAmazon Advertising広告(旧 AMS)の特性に合わせた広告配信を行います。

Amazon広告配信方法のご提案

3つの広告配信方法から運用の目的に合わせて最適な広告配信方法をご提案いたします。

Amazon広告運用改善

入札単価の調整、キーワードの追加、変更、広告文の変更など、広告の効果を上げるためにチューニングをしていきます。

レポーティング

広告の効果を可視化し、共有いたします。ノウハウを両者で共有し、ともに課題の解決を行います。

月次MTG/PDCA

月一回の定例MTGでお客様のビジネス目的や戦略に合わせた配信方法に最適化していきます。