Return to site

Amazonスポンサープロダクト広告のキーワードの選び方

高い費用対効果を発揮するAmazon広告のスポンサープロダクト広告。簡単に手間なく始められることが魅力の一つですが、より高い成果を出していくためには、売上に繋がるキーワードを選び調整を続けていくことが重要です。
今回は、Amazon広告を配信する際に、最も活用する機会の多いスポンサープロダクト広告のキーワードの選び方をご紹介します。来たるサイバーマンデーや年末商戦に向けて、必見です。

Amazon Advertising 広告運用・ご相談・お問い合わせはこちら

http://www.tamko-amazon.co/

スポンサープロダクトの2つの配信方法

Amazonスポンサープロダクト広告には2つの配信方法があります。

  • 「自動」=オートターゲティング
  • 「手動」=マニュアルターゲティング

の2種類です。どちらか一方のみの配信ではなく、基本的には2つの配信方法の同時併用をおすすめしています。

「自動」=オートターゲティング

オートターゲティングでは、Amazonが商品にあったキーワードを自動的に選び、スポンサープロダクト広告の配信を行います。
オートターゲティングを配信するメリットは主に以下の点です。

  • 手間がかからない

商品・入札単価・キャンペーン予算を設定するだけで簡単にスポンサープロダクト広告配信を始めることが可能です。

  • キーワードの発掘ができる

Amazonが自動でキーワードを設定して、スポンサープロダクト広告を出稿してくれます。その為、自分達では気づかないキーワードや、より効果の高いキーワードを発見することができます。
需要期やシーズンによっても配信されるキーワードは変動するので、常に良いキーワードがないかを確認することができます。

「手動」=マニュアルターゲティング

マニュアルターゲティングでは、自分たちで独自にキーワードを設定して、スポンサープロダクト広告を配信する事が可能です。
マニュアルターゲティングを配信するメリットは主に以下の点です。

  • キーワードの調整が可能

効果の高いキーワードでは、より表示機会を獲得できるように入札単価を強化できます。
逆に表示機会やクリックは獲得できていても売上につながっていないようなキーワードでは、入札単価を抑え費用対効果が悪化しないように調整していきます。

  • オートターゲティングで配信されないキーワードの配信

オートターゲティングでは、以下のような場合に狙ったキーワードで十分にスポンサープロダクト広告広告を配信できないことがあります。

・商品との関連性が低いため、自動ターゲティングでは配信されない場合
・商品との関連性が高くても、競合と比べて入札単価が低い場合
・成果に繋がるキーワードでも、他のキーワードに予算を取られ、表示機会が限定がされる場合

費用対効果が高いキーワードで十分に広告が配信できるように調整するため、スポンサープロダクト広告においてマニュアルタゲーティングの活用は必須になります。

マニュアルターゲティングで設定する独自のキーワード

マニュアルターゲティングでスポンサープロダクト広告を配信するにあたり、様々な軸でキーワードを洗い出すことが重要です。
スポンサープロダクト広告で独自のキーワードを設定する際に、軸とする考え方をご紹介します。

ブランド(商標)ワード

商品名そのものや、会社名、ブランド名などのキーワードを設定します。
ブランドワードはスポンサープロダクト広告において、クリック単価が安く、売上につながりやすい傾向があります。
また、競合が自社の商標ワードでスポンサープロダクト広告を配信してくることも考えられるため、ブランド(商標)ワードでスポンサープロダクト広告を出稿する事で、優良な見込み顧客が競合に流れないようにする効果があります。

例:「iPhone」「Apple」

分類商品/カテゴリー商品

Amazon内で登録しているカテゴリー商品に関するキーワードを設定して、スポンサープロダクト広告を出稿します。

例:「スマートフォン本体」「スマホ」「携帯電話」

関連商品/類似商品

販売する商品と似ている商品や、関連する商品のキーワードを設定して、スポンサープロダクト広告を出稿します。

例:「スマホケース」「iPhoneケース」「スマホイヤホン」

競合商品

競合とする商品のキーワードや、ブランド、会社名のキーワードを設定して、スポンサープロダクト広告を出稿します。

例:「Android」「サムスン」

利用シーンや目的を想定したキーワード

商品を購入する際によく一緒に購入される商品や、商品を利用するシーンや目的を想定できるようなキーワードを設定して、スポンサープロダクト広告を出稿します。
例:「カメラ」「Docomo」「ソフトバンク」「AU」

独自のキーワードを探す際に利用できるツール

スポンサープロダクト広告を配信する為に、様々な軸のキーワードを探す際に、利用できるツールをご紹介します。

自動ターゲティングのキーワードレポート

自動ターゲティングで配信したスポンサープロダクト広告において、最も効率的に配信されているキーワードを確認することができます。
自分たちが想定していなかったキーワードでの配信が売上に繋がることもよくあるため、
自動ターゲティングで配信されているキーワードは常にチェックし、効果の高いキーワードを探すことが、スポンサープロダクト広告を運用する上で重要なポイントとなります。

Amazonサイト内ページ

Amazonサイト内のカテゴリページ・ランキングページ・特集ページをチェックし、使われているキーワードを設定して、スポンサープロダクト広告を配信します。

Amazonサジェスト

Amazon内である商品を検索する際に、商品とよく一緒に検索されているキーワードを一覧で見つけることが可能です。こちらのキーワードも活用して、スポンサープロダクト広告を出稿しましょう。

  • アマゾンサジェスト キーワード一括DLツール

https://www.azkw.net/

Googleキーワードプランナー

Googleでの商品の検索回数や関連キーワードを参照するため、Googleキーワードプランナーを活用します。こちらで得られたキーワードを元に、スポンサープロダクト広告のターゲティングに活かしましょう。

  • Googleキーワードプランナー

https://adwords.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

共起語・類似語チェックツール

商品に関連するキーワードの共起語、類似語を探します。ここで確認出来たキーワードを使って、スポンサープロダクト広告を出稿しましょう。

  • 無料で使える!高性能な「共起語検索ツール」5選!

https://kasegood.net/cooccur

簡単に始められるAmazonスポンサープロダクト広告において、オートターゲティングだけではなく、マニュアルターゲティングで独自のキーワードを発掘/出稿することが重要です。スポンサープロダクト広告を用いて、より費用対効果の高い広告配信を行いましょう。

Amazon Advertising 広告運用・ご相談・お問い合わせはこちら

http://www.tamko-amazon.co/

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly