Return to site

Amazonスポンサープロダクト広告の基本設定

Amazonスポンサープロダクト広告の基本設定

近年流行りのAmazon広告。中でも、Amazon Advertisingメニューのスポンサープロダクト広告は、簡単に手間なく始められ、高い費用対効果を発揮出来る為、非常に魅力的に広告メニューである事は間違いありません。ただ、その存在を知らない、もしくは現状設定方法を知らない・わからないユーザー様も多いようです。

今回は、Amazonスポンサープロダクト広告の基礎、そして基本設定についてご紹介します。来たるサイバーマンデーや年末商戦に向けて、必見です。

Amazon Advertising 広告運用・ご相談・お問い合わせはこちら

http://www.tamko-amazon.co/

Amazon Advertising(※旧 Amazon Marketing Service ( AMS )におけるスポンサープロダクト広告とは?

Amazonスポンサープロダクト広告とは、ユーザーが貴社商材に関する関連キーワードをAmazon内で検索した際、検索結果上位やその他広告枠に表示させる事が出来る広告です。商材に対して、能動的に「検索」した購買意欲の高いユーザーに広告を表示させる事が出来る為、非常にコストパフォーマンスの高いメニューとして、近年注目を浴びています。

スポンサープロダクトの登録について

スポンサープロダクト広告を初めて活用される際は、登録が必要です。Amazonセラーセントラル広告ページの「広告」から「セラー広告」に進み、設定を行います。登録の完了後、広告作成を行うキャンペーンマネージャーにアクセスする事が可能になります。

キャンペーンの設定方法

登録が完了したのであれば、続いては広告管理画面の「キャンペーンを作成する」ボタンをクリックし、実際にキャンペーンを設定して、スポンサープロダクト広告を出稿・配信してみましょう。

2018年9月現在は下記項目を入力する必要があります。

 

  • キャンペーン名

  • 開始日 / 終了日 ※広告が配信される期間を指します。

  • 1日の予算 ※1日に消化する広告予算の上限値を指します。

  • 入札単価

  • ターゲティング ※現在、”オートターゲティング(自動)”と”マニュアルターゲティング(手動)”が選択可能です。Amazonスポンサープロダクト広告の出稿を行う際、どちらかに絞るのでは無く、両方の同時併用を推奨します。

    参考 : Amazonスポンサープロダクト広告のキーワードの選び方 / TAMKO

    URL : http://www.tamko-amazon.co/blog/ams-keyword

入札単価について

「入札」項目では、広告1クリックの最大課金額を設定します。実際に消化される金額は、競合とのオークションで決まる為、設定した入札額よりも安く表示される可能性があります。また、この金額が少ないと、広告自体の露出機会を失う可能性があります。

こちらで設定する入札単価はキャンペーン全体に適用される為、もしキーワード別に単価を設定したいのであれば、マニュアルターゲティングに設定する必要があります。

Amazonスポンサープロダクト広告のベストプラクティスとしては、下記1-2の併用がベストだと考えられます。

  1. オートターゲティング(自動)を用いて、自分達が気づかないワードや、より効果の高いキーワードを発掘し、

  2. マニュアルターゲティング(手動)で、オートターゲティングで発掘した効果の高いキーワードを設定・単価を上げていく事が考えられます。

広告プロダクトの選び方

ターゲットが決まったのであれば、実際に広告として配信したいプロダクトを選びましょう。登録済みの商品をスクロールして選ぶも良し、「商品名」「ASIN」「SKU」から特定の商品を検索する事も出来ます。

Amazon Advertising 広告運用・ご相談・お問い合わせはこちら

http://www.tamko-amazon.co/

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly