Return to site

ハロウィンに向けてやるべきAmazon施策

ハロウィンに向けてやるべきAmazon施策

10月も半ばが過ぎ、あと1週間も経たずにハロウィンの時期が到来します。このせールスシーズンに向けて、準備は万端でしょうか。このシーズンで大きく売上をあげている販売者の多くは、早ければ1〜2ヶ月前には準備を行なっています。また、Amazon上でも特集が組まれており、この波を見逃す訳にはいかないでしょう。

残り1週間が迫る中、今からでも対応出来る施策について、Amazon Advertising広告メニューに着目してご紹介致します。

Amazon Advertising 広告運用・ストア作成・ご相談・お問い合わせはこちら

http://www.tamko-amazon.co/

スポンサープロダクト/ブランド広告の出稿

貴方の店舗にハロウィンに適した商品がある場合、その商品をアピールする事は必須でしょう。

その為にも、Amazon Advertising広告を出稿する必要があります。ユーザーが特定のキーワードで検索した際に、貴社商品を表示させる事が出来る(1)スポンサープロダクト広告 (2)スポンサーブランド広告(旧 ヘッドライン検索広告 )を出稿を行いましょう。

また、ハロウィン前からAmazon広告を出稿して売上を伸ばす事で、検索順位アップやランキングへの掲載も狙う事が出来ます。事前に効果が出れば、ランキングや通常の検索からも購入される可能性が高くなり、最終的にAmazon上での売上に繋がる事が予想されます。

ターゲティング設定の見直し

もし、通年でAmazonスポンサープロダクト/スポンサーブランド広告を出稿されている場合、改めてターゲティングに関して見直しを行いましょう。

万が一、細かく調整する時間が無いあまり、(1)-(2)に該当している場合は、すぐに改善を行いましょう。

(1)オートターゲティングに任せっぱなしでスポンサープロダクト/スポンサーブランド広告を出稿中

(2)マニュアルターゲティングでスポンサープロダクト/スポンサーブランド広告を出稿しているものの、イベントに適したキーワードを入れられていない

(1)のオートターゲティングの状態でも、ある程度Amazonが自動的にキーワードを掘り起こしてくれますが、そこで安心するのはまだ早いです。各種イベントが迫る時期だからこそ、競合他社がイベントに向けて、効果の良いキーワードに予算を寄せて、Amazon広告を出稿している可能性があります。

キーワード候補

それでは、実際にAmazonスポンサープロダクト/スポンサーブランド広告で活用するキーワードを選んでいきましょう。方法としては下記が考えられます。

(1)オートターゲティングで掘り起こしたキーワード

(2)ビッグワード

例えば、今回の場合だと「ハロウィン」のような具体的なイベント名が該当します。

この他、時期は変わりますが、「バレンタイン」や「節分」などの季節系イベントでも、この概念は応用可能です。

(3)ビッグワードとの掛け合わせ

実際にビッグワードをAmazonやGoogleで検索した際に、関連キーワードとの掛け合わせが出てくるかと思います。

例 : 「ハロウィン 仮装」「ハロウィン コスプレ」「ハロウィン お菓子」etc

このような絞り込みも行い、効果の良いキーワードに広告費用を寄せる等して、PDCAを回していきましょう。来たるサイバーマンデーや年末商戦にかけても、これらの施策は必見です。

Amazon Advertising 広告運用・ストア作成・ご相談・お問い合わせはこちら

http://www.tamko-amazon.co/

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly