Return to site

Amazonスポンサープロダクト広告で効果の出やすい設計について(前編)

Amazonスポンサープロダクト広告で効果の出やすい設計について

現在、Amazon Advertising広告(※旧 Amazon Marketing Service ( AMS )において、売り上げ面において、スポンサーブランド広告、商品ディスプレイ広告を差し抜き、最も費用対効果に優れているスポンサープロダクト広告。

ただし、広告設計によっては、効果を実感しにくく感じたり、広告経由での売り上げが上がりにくくなってしまいます。

今回は、スポンサープロダクト広告において、効果の出やすい設計・運用方法についてご紹介します。来たるサイバーマンデー、年末商戦に向けても必見です。

Amazon Advertising 広告運用・ご相談・お問い合わせはこちら

Amazon Advertising(※旧 Amazon Marketing Service ( AMS )におけるスポンサープロダクト広告とは?

改めて、Amazonスポンサープロダクト広告とは何かおさらいしましょう。

Amazonスポンサープロダクト広告は、ユーザーが貴社商材に関する関連キーワードをAmazon内で検索した際、検索結果上位やその他広告枠に表示させる事が出来る広告です。商材に対して、能動的に「検索」した購買意欲の高いユーザーに広告を表示させる事が出来る為、非常にコストパフォーマンスの高いメニューとして、近年注目を浴びています。

ターゲティングの見直し

改めて、Amazonスポンサープロダクト広告のターゲティング方法についておさらいしましょう。2種類のターゲティングが存在します。

(1)オートターゲティング : 自動でキーワードを設定

(2)マニュアルターゲティング : 手動でキーワードを設定

①まずは、オートターゲティングを活用してAmazonスポンサープロダクト広告を出稿し、反応の良かったキーワードを抽出しましょう。

②その後、管理画面より広告レポートをDLし、クリック率の高いキーワードや売り上げに繋がったキーワードを精査しましょう。

③そして、精査されたキーワードを元にマニュアルターゲティングでAmazonスポンサープロダクト広告を配信する事で、より効果の高いキーワードに絞って配信する事が可能です。

キーワードの整理

商品ページの説明欄とAmazonスポンサープロダクト広告でヒットさせたいキーワードは必ず一致させましょう。

例を挙げるならば、あなたが「トマトジュース 無塩」というキーワードでAmazonスポンサープロダクト広告を表示させたいとしましょう。その際は、商品の箇条書き、説明欄に「無塩」キーワードの入れ込みは必須です。

また、パッケージに書かれている成分表を記載して、ユーザーに理解しやすくする等、ユーザーにとって理解しやすいページ作成を意識しましょう。

Amazon Advertising 広告運用・ご相談・お問い合わせはこちら

http://www.tamko-amazon.co/

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly