Return to site

Amazon上での転換率を上げるキーポイント

Amazon上での転換率を上げるキーポイント

普段Amazonで商品を販売されている中で、度々転換率が上がらない時期を経験されたユーザーもいるかと思います。せっかくAmazon Advertising広告(スポンサープロダクトやスポンサーブランド、商品ディスプレイ広告)を活用してページにアクセス数を稼いだのにもかかわらず、購入が伸びない点には必ず原因が存在します。その原因の大部分として、商品詳細ページを作り込む事が重要です。

Amazon Advertising 広告運用・ストア作成・ご相談・お問い合わせはこちら

http://www.tamko-amazon.co/

編集出来る項目

商品詳細ページを作り込む際に、編集出来る項目を確認しましょう。

商品情報を記載出来る箇所は、上記(1)-(5)をメインに多々ありますが、その中でもユーザーの目につきやすい「商品の箇条書き」と「商品紹介コンテンツ」に着目して話を進めます。

商品の箇条書きで、要点を伝える

まずは、商品の箇条書きを編集しましょう。この項目では、最大5つの項目が設定可能です。

1項目に対して、500文字まで記載する事が可能ですが、フルで500字入力してしまうと、ユーザーが長文に飽きて離脱してしまう可能性があります。

また、スマホユーザーから見た際、最初の3つ目までしか視認する事が出来ません。よって、この3つ目までに、より魅力的・必要な情報を設定する事で、PCのみならずスマホユーザーに有益な情報を発信する事が可能です。

商品紹介コンテンツの活用

「紹介紹介コンテンツ」機能を有効活用しましょう。この機能を使う事で、画像と文章を活用し、通常の文章のみの商品紹介よりも、より視覚的に商品の魅力を伝える事が可能です。

 

もしAmazon用に画像が無い……そんな場合は別途運営しているECサイトや別ショッピングモールサービスを振り返ってみて下さい。そちらで活用されている画像は勿論の事、文章も活用しましょう。

文章を設定する事で、より画像内容の把握も行いやすくなり、Google等の外部サーチエンジンに対するSEO対策も行えます。また、ここで活用する画像は高画質の物を、文字はなるべく大きい物を選びましょう。

 

上記の改善を行い、日々の運用PDCAを回していきましょう。日々の売り上げを改善する為にも、そして、来たるサイバーマンデーや年末商戦にかけても、これらの手法は非常に有効です。

 

関連 : ハロウィンに向けてやるべきAmazon施策

 

Amazon Advertising 広告運用・ストア作成・ご相談・お問い合わせはこちら

http://www.tamko-amazon.co/

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly